« 鳳来の一日 | トップページ | 金木犀 »

2012年10月15日 (月)

モチベーション

今日は仕事で沼津まで出掛けた。

途中、由井のあたりからの富士山は日本一の絶景なのだが、

Cimg8580

今日はやや霞み、青みを帯びて浮かんでいた。

その富士山が物言いたげで、思わず運転しながらシャッターをきった。

Cimg8576

そして、この霞んだ富士は眺める富士だと思った。

芙蓉の第一峰を目指すなら、

Cimg8564

鮮明でくっきりと浮き上がるような山容でなくてはならない。

ともすれば人は、曖昧な人生を生きてしまいがちだ。

Cimg8571_2

その曖昧さを良しとする生き方もあるが、

私は何がしかの心棒がないと、日々苦労するような気がする。

Cimg8552

況やそれが組織であれば、曖昧はたちまちにして組織の崩壊を招きかねない。

走る方向と目的地、そして到達期限を明示することで組織は動き始める。

Cimg8551

望むらくは、その結果として何が得られるかを全員に認識させることだ。

だから組織をリードする者は、

Cimg8546

そのゴールのイメージを如何に鮮明にできるかが勝負になる。

それは利益を上げるとか、豊かになることとは必ずしも一致しない。

Cimg8544

「人はパンのみにて生きるにあらず」で、そこにはやる気の源泉が不可欠なのだ。

人は達成感を充足させられるなら、かなりの頂まで登ってしまう。

Cimg8540

優れた指導者とは、その目指すものをモチベイションに変えられる人だ。

そういう意味で、政治も企業体も人次第だな。

Cimg8535

ビジョンのない政治や経営は何も生み出さないのだから。

いわんや自分の人生だ。

Cimg8534

自分で設計して、その道を確実に歩くだけだ。

自分の足の向きを、もう一度確かめてみようと思っている。

|

« 鳳来の一日 | トップページ | 金木犀 »

人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モチベーション:

« 鳳来の一日 | トップページ | 金木犀 »