« ぐるぐるっと浜名湖 | トップページ | 次のトレイルに向けて »

2012年10月 8日 (月)

秋の浜名湖

浜名湖100kから一夜が明けて、静かな湖面が広がっている。

昨夜までの激しい息遣いと打って変わって、さざ波すら見えない湖面である。

Cimg8483

湖岸では早朝から親子の釣りが微笑ましい。

覗くと、小さなフグが釣れていた。

Cimg8484

何事も無かったように、鉄橋を電車が渡っていく。

ホテルの朝食にゃ、一夜明けたランナーの清々しい笑顔がある。

Cimg8469

100kの間にゃ、無くたって色々な思いやドラマ、触れあいがある。

Cimg8468

その100人余のドラマを私達は演出したのだと言う思い。

その思いと共に、コース表示の回収に回る。

Cimg8465

設置よりも回収の方が手早いのは勿論だが、

その回収のつどランナーの思いを想像する。

Cimg8459

浜名湖の100kは広くて遠い。

昔の面影は関所や記念館だけだけど、かつて遠江と呼ばれた様に、

Cimg8458

都人からすれば、遥かに遠く関東に向かう途上の湖だった。

Cimg8457

その関東と関西の境の湖を、ぐるっと廻ったランナーの胸に残った思いは如何。

果たして、浜名湖の秋を堪能していただけたのかどうか。

Cimg8485

そんなことを考えながら、今日は私が湖岸を走っている。

否、走りながら看板や路面の表示をはがして回ったのだ。

Cimg8488

湖岸ロードには釣り人が溢れ、次々とサイクリングのグループが風を切る。

それに何百人ものウオーキングの人々がやってくる。

Cimg8489

湖面のウインドサーフィンも実に涼しげである。

ススキにパンパース、柿の実が色づいて秋空も高い。

これで私の今年の長距離レースも終わりだ。

Cimg8490

80人余に膨らんだサポートスタッフの皆さん、お互いに素晴らしい一日でしたね。

そんな苦労を共有できたことを本当に嬉しく思っています。

|

« ぐるぐるっと浜名湖 | トップページ | 次のトレイルに向けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぐるっと浜名湖一周 連日お疲れさまでした。スタッフなんて初めてのこと、とても不安な毎日でしたが、たくさんの援助のがあって無事自分の持ち場を終えてほっとしてます。
100㌔走りゴ――ルされた皆さん、「浜名湖エイド最高!苦しかったけど最高に楽しかった」と言っていただき
ランナーの皆さんのゴールした瞬間の声が聞けてゴールスタッフとして最高な気分でした。
来年も、もっと浜名湖楽しみたいです

投稿: うっちゃん | 2012年10月 8日 (月) 23時41分

山草人さま。
翌日の撤収まで、お疲れ様でした。
たいへんでしたけど、楽しい3日間
(半年?)でしたね!
氷奉行として、頼りがいのある判断と行動力に、今回も救われました。
ありがとうございました!
お疲れ様でした。

投稿: あだち。 | 2012年10月10日 (水) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の浜名湖:

« ぐるぐるっと浜名湖 | トップページ | 次のトレイルに向けて »