« 袖触れ合う | トップページ | 私学百花 »

2012年10月28日 (日)

眺望マラニック

疎水から直登登山、そして海浜への24kmを楽しんだ。

三島の湧水で有名な白滝公園をスタート、源兵衛川を下って

Cimg8737

日本一の湧水の柿田川へ、更に香貫山から横山、徳倉山を縦走、

Cimg8744

そこから下って駿河湾を北上、狩野川を超えて千本松原のプラザがゴールである。

彩も起伏も匂いもダイナミックに移り変わっていく絶妙なマラニックだ。

Cimg8750

その最初の源兵衛川には、この20年余にわたる市民運動の歴史がある。

Cimg8751

源兵衛川は、三島駅近くの小浜池の湧水が源流となっている。

Cimg8753

ところが昭和40年頃から、その湧水が次第に細っていく。

Cimg8754

かみてに立地した企業群が、盛んに地下水をくみ上げ始めたからだ。

やがて小浜池は枯れ上がり、水の流れない源兵衛川にはゴミが投棄されるようになる。

Cimg8755

そうした状況を見るに見かねて「源兵衛川に水を取り戻そう」と言う運動がおこる。

三島湧水会が組織されて、企業と交渉を繰り返して、少しずつ水を取り戻していく。

Cimg8761

全国からボランティアを募集して、川をきれいにする活動が続けられた。

そして10数年、今日の様な見事な疎水が蘇ったのだ。

Cimg8764

三島グランドワークとして、全国のNPOのモデルとなった活動である。

ともあれ私達のマラニックは、その源兵衛川を味わうことから始まった。

Cimg8772

この三島バイカモの蘇った水辺を辿るだけでも爽快な気分になる。

そして次は、あの富士山からの湧水がコンコンと湧く柿田川なんだ。

Cimg8774_2

その名残を惜しみながら沼津アルプスに向かうのだ。

Cimg8777

そしてまた、その山々が標高の割に極端な登りできついんだ。

Cimg8779

だけど、香貫山の頂上からは沼津市街、駿河湾の姿が浮き上がって眺望できる。

Cimg8780

富士山の姿が無かったのは残念だが、日本一のパノラマと言ってよいだろう。

雨予報の天気も15時までもってくれて、

Cimg8781

言うことなしのマラニックになった。

Cimg8782

最後は魚河岸丸天で駿河湾の美味を味わい尽くすのだ。

Cimg8784

と言う訳で、今日も贅沢な一日を過ごすことが出来た。

|

« 袖触れ合う | トップページ | 私学百花 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日も1日、お世話になりました。
快速うっちゃんと オプションコースを楽しめてよかったです。
今週末もよろしくお願いします。

投稿: あだち。 | 2012年10月28日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眺望マラニック:

« 袖触れ合う | トップページ | 私学百花 »