« 同走会の夜 | トップページ | モチベーション »

2012年10月14日 (日)

鳳来の一日

山の朝は、グッと冷える。

その佐久間の別荘の朝は、お結びを戴くことから始まった。

Cimg8570

昨夜はあんなに飲んで食べたのに、今朝はもうしっかりと腹ごしらえである。

今日は乳岩渓谷から乳岩へ、山越えをして鳳来湖へ、

Cimg8541

そして今度は朝霧湖から百間の滝を巡る25kmのトレイルである。

Cimg8542

14名のメンバーは、午前9時、東栄町の梅の湯を元気にスタートしていく。

Cimg8545

が、乳岩渓谷の登りに入ると間もなくばらけてしまう。

Cimg8550

登山客やロッククライミングのグループもかなり入っている。

Cimg8556

三遠南信道の一部開通で浜松方面からの客が増えているようだ。

ともあれ私達は、乳岩を目指して崖をよじ登っていく。

Cimg8559

何故「乳」岩がこんなに急勾配なのか????

とにかく足元が浮き上がるように急な梯子階段を登っていく。

Cimg8560

周囲は中央構造線の断層が作り出した大きな岩ばかりなのだ。

Cimg8561

その巨大な岩の一角にぽっかりと空間が出来ていて、向こうの山を見通すことが出来る。

乳岩の山頂部の絶景だ。

Cimg8563

乳岩の謂れは、その下の岩の空隙に出来た乳房状の突起らしい。

Cimg8566

この絶壁をクリアーしても、ここはまだ序の口でここから鳳来湖に抜ける登山が始まる。

約一時間の山行の後尾根道に出て、やっと下方に鳳来湖が見えてくる。

Cimg8568

ここから湖まで下るのが一苦労なんだが、やっと下りきるとそこにIさん達が待っていた。

私達のためにエイドを設営してくれていたのだ。

Cimg8572

一息ついて、今度は宇連川に沿って走り、朝霧湖に向かう。

平成10年に出来たダム湖だから未だ新しいが、その奥に百閒の滝がある。

Cimg8573

近年ではパワースポットとして多くの人々がやって来るらしい。

それに滝の上手にパワーの水が湧き出ていて、

Cimg8574

その水を求めて行列が出来ていた。

百閒の滝は、断層の境目に出来た滝らしいが、や~ぁ一見の価値はある。

Cimg8575

幾筋かの流れを集めて一つの滝が下る姿は、パワースポットに相応しい。

しばし滝に見とれていたが、気を取り直して帰り支度を急ぐ。

Cimg8578

滝から30分ほど一気に下って、梅の湯には14時の到着である。

山を越え谷を超えダムを渡っての5時間であった。

Cimg8579

この間、ずっと一緒していただいたウッチャン、楽しい一日をありがとう。

お陰で、良い思い出が出来ました。

|

« 同走会の夜 | トップページ | モチベーション »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いやー、いつもに増してスピード違反あきまですよ。
しっかりおいて行かれました。

ども飛び入りにも拘わらず暖かく迎えていただきましてありがとうございます。

おかげで楽しいマラニックになりました。

投稿: かわい | 2012年10月14日 (日) 21時24分

小笠原ネイチャー・マラニック同窓会後の
うめの湯から百間の滝マラニック一緒させていただきありがとうございました
硬いロードは苦手です
が梯子の階段と山越えはいいですね
百間の滝と湧水で、パワー貰ったようで気持ちよく
うめの湯にゴール楽しい一日ありがとうございました

投稿: うっちゃん | 2012年10月14日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳳来の一日:

« 同走会の夜 | トップページ | モチベーション »