« 愚かさの日々 | トップページ | マイホームの幻想 »

2012年10月23日 (火)

同人

電線が音を立てて北風小僧(空っ風)が吹き始めた。

季節は、まさに音を伴って私達を急き立てている。

Cimg8672

今夜は、同人誌「農の風景」の歴代編集長の集まりがあった。

20年前、Oと言う先輩が独り善がりのリーフレットを作って配り始めた。

Cimg8675

やがてそのリーフレットに、心ある人が文を寄せるようになって20年。

私は二代目の編集長だが、既に5代目に代替わりしている。

Cimg8673

印刷も送料も読者のカンパによって維持され、全国に配信してきた。

同人ってのは、同類の集まりでもあって、生き方がどこか似ているんだろうな。

Cimg8676

それでも自分の思いを文章にして人様の面前にさらすには、相当な覚悟がいる。

増してそれが社会的に責任を持ちながら、書き続けるには馬鹿になるしかない。

実は私は、その「農の風景」によって育てられた。

Cimg8674

隔月発行を続けて間もなく120号になるが、そのほとんど毎号寄稿してきた。

何を書き、何を訴えるのかが無くっちゃ、書くも書けないでしょ。

無から有は生まれない。

Cimg8677

だから自分の体で書くことを創り続けてきた。

結果、同じ風景を見たとしても、人と違う見方を訓練し続けてきたことになる。

自ずとアンテナは高くなるし、常日頃の姿勢が変わって来る。

Cimg8671

それを20年もやってりゃ、私の様な馬鹿でもそこそこにゃなる。

ともあれ、それは歴史になり力にもなる訳で随分度胸も着いた。

人間、後生大事に生きるのも良いでしょう。

Cimg8670

だけど、赤裸々に生きてみるのも、もっと面白い。

少なくとも、あと10年はバカバカしいことをやり続けようと思っている。

|

« 愚かさの日々 | トップページ | マイホームの幻想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同人:

« 愚かさの日々 | トップページ | マイホームの幻想 »