« 秋の浜名湖 | トップページ | 海と親しむ »

2012年10月 9日 (火)

次のトレイルに向けて

11月3日は、私達の本拠地をコースにした「小笠山トレイルラン」だ。

標高264mの里山だけど、山あり深い谷ありのきついコースだ。

Cimg8498

今日は、Wさんと二人で北側のエキサイティングコースの点検に回った。

Cimg8500

この山の北側はケスタの断崖が続く尾根で、あまり人が入っていない。

Cimg8501

それで先月の台風の影響が心配だった。

案の定、何か所かで昨年倒れかけた樹木が駄目押しで倒れていた。

Cimg8499

道をふさいでいる倒木を鋸で切り払っては進む。

Cimg8502

15kmほどの所で、ふと腰のカメラサックを触ると中のカメラがない。

何処かに落としてきたんだ。

Cimg8503

ガックリとしつつ、Wさんには先に進んでもらって、私は探しに戻ることにした。

山の道を5kmも登るのはそれだけで大変だが、

Cimg8504

果たしてカメラが見つかるのかどうか・・・・半ば諦めかけていた。

それが3kmも戻ると落ち葉う上でピカピカと光ってるではないか。

Cimg8479

これまでに色々な思い出のあるカメラだ。

やれやれと頬ずりをして山頂に戻った。

Cimg8480

昼過ぎになってWさんも戻ってきて、ともかく今日の作業は終了である。

Cimg8487

レース間近になったら、今度は一日かけてコース案内を設置しなくっちゃならない。

昨日まで3日間の、浜名湖一周の興奮がまだ覚めやらない。

Cimg8478

スタッフそれぞれがコツコツと準備してきて、小さなレースが成功裏に生まれた。

その準備だって陰に陽にみんなの心の結集だった。

Cimg8437

意見の対立やらスケジュール調整やら…・

Cimg8423

小笠山の仲間も、テントを手作りしたり、お祭りをさておいて駆けつけたり、

筆舌に尽くし難いサポートをしていただいた。

Cimg8419

お金じゃ、こんなホットなことはできないね。

何がエネルギーだったんだろうか?

Cimg8417

走友やら友達、同級生やら職場の仲間、AさんやKさんなんぞは家族ぐるみだ。

そうやって、気のいい仲間が集まって一つの事を実現する。

Cimg8416

今年の小笠山トレランも、きっと楽しい大会になるだろう。

|

« 秋の浜名湖 | トップページ | 海と親しむ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日もいい天気ですね。小笠山の環境の素晴らしさが伝わってきます。
先日の浜名湖マラニック、大成功に終わってよかったですね。参加者の方から「エイドが素晴らしかった」などとの声が聞かれました。
今度は我々の本拠地での開催です。参加される皆さんを如何にもてなすか・・今週から有志による草刈、台風の後の片付けが始まりました。
松〇さんはチェエンソーを振り回し、金〇さんは草刈機を振り回していました。
皆さん、お疲れさまです。

投稿: みのむし | 2012年10月 9日 (火) 23時20分

 みのむしさん、エイド設営やら夜間誘導やら、色々と無理を言ってすみません。

 お陰で、沢山の皆さんに喜んでいただけたようです。こんな係わりも、中々できないね。

 こんどは、小笠山トレイル。あの自然を知っていただいて、そして楽しめるよう皆で工夫しましょう。
               山草人

投稿: 山草人 | 2012年10月10日 (水) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次のトレイルに向けて:

« 秋の浜名湖 | トップページ | 海と親しむ »