« 同人 | トップページ | 三智の在処 »

2012年10月24日 (水)

マイホームの幻想

これは、私達団塊の世代の共通の思いかもしれない。

戦前の家父長制から解放されて、アットホームな家庭を夢見てきた。

Cimg8660

しかし、自分の家庭づくりは明らかに失敗だった。

その最大の原因は、その戦後の民主的家庭への幻想ではなかったかと思う。

夫婦も親子も自由平等で、

Cimg8665

それぞれ勝手な主張ができる「民主的」家庭!!!

そりゃ建前としては、如何にも理想的だったかも知れない。

しかし細君は、家の外で汗して働く夫君に感謝すらしない。

Cimg8603

親父が子供の我儘を見るに見かねて叱ると、

「我が子に何を言う」とばかりに夫君を攻める常。

子供に阿るばかりで、叱るとか躾けるべき親の本能を放棄していた。

Cimg8602

それが自由だと、平等な民主的家庭だと、そう考えたのだろうか。

そのおかげで、躾けもままならないデモクラートが出来上がった。

主張はしても責任はとらない。あくまでも身勝手な子供が出来た。

Cimg8601

あくまでも民主主義は善良な良識を前提として成り立つものだ。

幼い子供に始めから教養や良識が有る筈もない。

そういう点では、戦前の家父長制は一貫性があった。

Cimg8600

夫婦だって平等は結構だとしても、お互いに言いたい放題じゃ何時かは破綻する。

相思相愛なんてのは、永遠に続く訳がないのだ。

結果としてバラバラな家庭ができて、

Cimg8548

地域社会だって勝手放題のエゴイストが増えて、無味乾燥になってきた。

挙句、結婚なんてバカバカしいと考える若者も多くなった。

思えば、みい~んなデモクラシーの犠牲者じゃないのか。

Cimg8547

人と人が思いやって愛情を育てる、それが出来ない社会は駄目だね。

The most inportant things to do in the w0rld  are to get somebody to love you.

そう!!、この世で一番大切なことは、君を愛してくれる誰かと出会うことだよね。

|

« 同人 | トップページ | 三智の在処 »

人生論」カテゴリの記事

コメント

団塊の世代の共通の思いですか?
第一次産業から離れ、多くは第三次産業へと人が流れたからでしょうか?
 妻や子供は、働く父親を見ずに過ごしますしね。

近所の専業農家では、主人がやはり強くも感じまが、確かに女性は強く成ったのでしょう。
 家事が電化されて女性の時間が出来ましたが、私のご近所では、年配の男性もゴミ出しをするし食事も作る家が普通に有りますよ。
 その家によるのかも知れませんが・・・。
 やれるけどやらない男子とやれない男子とは、意味が違いますね・・・。
 兄貴の言われる通り、愛してくれる女性と出会う事が必要ですね。
 私は、息子に言います。
 女性は、口説くものでなく、口説かれる男に成れと・・・。
 まず、愛される事が必要だと思います。
妻の愛を受け止め優しく愛してやれる男は、大切にもされると思います。
 昔の家長制等とは、程遠いですが、家庭での女性の出番が増えた分、男性の出番も変遷してるようですね。
 
 話は、違いますが先日病院で検査着を着て検査を待つ私の横に老夫婦が居て、旦那様が検査着を着て居ました。
 旦那様は、短い時間に2人が共に頑張って来た長い人生の様子を語り。
 2人で貯めた貯蓄額をしみじみと語りもっと残してやりたかったと話して居ました。
 奥様は、暗い面も持ちでじっと聞き入る様子。
 病気の為の精密検査前に旦那様のぽつりぽつりと語る様子に妻を思う夫の優しい人柄を感じました。
 日々の積み重ねが、愛を育んで行くのでしょうね。

投稿: ひろ | 2012年10月24日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイホームの幻想:

« 同人 | トップページ | 三智の在処 »