« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

顔につられて

偶然開けた引き出しの底から、アマ無線の免許証が出てきた。

その30年ほど前の免許証の写真を見て驚いた。

Cimg9207

何と、愚息の今の顔と瓜二つなのだ。

親子だから似ていて何の不思議もないが、改めてその相似形に感心してしまった。

Cimg9196

顔と言うのは不思議なもので、職業や生活スタイルで一定の雰囲気が出てくる。

或いは、性格や癖まで顔に出てくるのかも知れない。

Cimg9186

だからすれ違っただけで、服装は別にしてもお役人と商売人の区別がついてしまう。

お巡りさんと先生じゃ、感じだってはっきりと違うしね。

Cimg9182

やはり、40歳位までに自分の顔が出来てしまうのかも知れない。

だから顔は、似てはいても親からもらったままでは有り得ないのだ。

とは言え、生まれついたその顔で損をする人も得をする人もいる。Cimg9153

例えばフィギアスケートの選手が同程度の演技をしたとしても、

ビジュアルで加点評価されている気もするしね。

もっと顕著なのは、選挙じゃなかろうか。Cimg9108

大方が「あの人は誠実そうだね」って人に一票を投じてしまう。

仮にその候補が、仮面の下に下心を潜ませていたとしてもだ。

だから地が悪人面ってのは、どう考えたって損だ。Cimg9065

役者はそれを、正義の味方はそれらしく、悪人はもっとそれらしく演じ分ける。

何時も悪役を演じる役者本人を、私達は本当の悪者と思ってしまう。

まあ、それ程に顔は物をいうと言うことになる。Cimg9007

顔は、人の最も大切な印象を醸し出す。

やはり物腰を含め、私達は自分の顔に全責任を持たなければならないのだ。

だが同時に、表面に引きずられてその顔に騙されてはなるまい。Cimg8991

詐欺師は、必ず善人の顔をして近寄って来るんだから・・。

人品骨柄は、よくよく見極めないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

産業の町

静岡県の製造業出荷額は16兆円余だが、

私の住む市でその生産の一割強を担っている。

Cimg9206

ヤマハ発動機やNTNの本拠地でもあり、浜松市に次ぐ製造業の町なのだ。

しかし、リーマンショック以降、円高と輸出不振などで押しなべて苦しんでいる。

Cimg9198

もちろん製造拠点の海外流失も続いて、求人倍率も一向に上向かない。

地元の多くの企業群が連携して新しい産業振興に結び付けたい。

Cimg9199

そんな目的で、今日は産業振興フェアが開かれた。

67の企業団体が最新の技術を披露する場なのだ。

Cimg9201

展示には次世代の自転車やらEV、

はたまた防災関連商品や生育光線活用商品まで展示されていた。

Cimg9202

日本の産業は、家電産業の苦境に象徴されるように中々明日の展望が見えない。

そもそも一定の技術レベルがあれば、もう価格勝負でしかない。

Cimg9203

人件費と通貨の安い国との競争に勝てるはずがない。

そうした客観条件の中で国内産業を育てるのは至難な課題といえる。

Cimg9204

それに、ブリックスをはじめとした新興工業国の隆盛によって、

世界中の需要を上回る工業製品が出回るようになっている。

かつてのように、工業は日本の分担って訳にゃならないんだ。

Cimg9194

さてこそ、これからこの国はどうする??ってことが、

今回の選挙の最大の課題であるべきだが・・・それが無い。

ともあれ、地域は地域で打開の手立てを見出さなきゃならない。

Cimg9205

それぞれのブースを訪れる皆さんは、我が社で生かせる技術はないかと真剣な表情だ。

こうした一歩一歩に、製造業の町、そして私達の将来もかかっているのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

人生は慣れ

新しいことに緊張は付きものである。

例えば始めての登山なら、周到に準備してどんな断崖が待ち受けているかと、

Cimg9084

ドキドキわくわくしながら挑戦するし、すべてが慎重である。

もちろん事前に体力も鍛えるだろうし装備だって入念に整えるだろう。

Cimg9087

ところで私は、子供の頃からの上がり症だ。

緊張のあまり日頃の努力を無にした実績が数えきれずある。

Cimg9088

高校受験の折、最初の試験が数学で、その最初の問題でつまずいた。

すらすら解けるはずの問題がさっぱり分からない。

Cimg9089

それで一気に頭に血が上って、おしっこすらチビツタのだ。

まあ~それでも、ボーダーすれすれで難関に合格して難?無きを得た。

Cimg9091

流石にちびったのはこの時限りだが、事ほど左様に緊張にからっきし弱い。

人生には、大勢の人前で話をしなけりゃいけないことも有る。

Cimg9097

これも私の苦手とするところで、stage flightしたこと数限りなのだ。

そうして事前に準備したことの半分も言わずに引き下がることになる。

Cimg8958

当然ながら、後で自分を責めまくることになるのだが・・・致し方ない。

書き物を読めという人もいるが、頭の訓練のつもりでこれをやらないよう努めている。

Cimg8992

人生は努力しなけりゃ始まらないからね。

だが努力しても、平常心が無くっちゃこれ又実力は発揮できない。

Cimg9060

その平常心は、どうすりゃ保たれるのか?

最近、そりゃ「慣れ」だと気付いた。

Cimg9062

努力にも平常心にも限界がある。

要は、その場の空気に馴染むことが大切なんだね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

地域のお守り

3.11から一年と八カ月。

色々な経過があったけど、海岸部に6基の津波避難タワーが出来た。

Cimg9171

私住む市の南部地域は、ずっと標高2~3mの沖積平野が広がっている。

Cimg9173

遠州灘に面した低地に街が広がっているんだ。

Cimg9177

江戸以前からあった命山は、取り払われて今は無い。

それに海岸から2km位には高い建物も無くって、津波には全く無防備だ。

Cimg9178

海岸には8mの土盛りの防潮堤があるが、先に発表された津波の最大高は11,8mだ。

誰もが途方に暮れた。

Cimg9180

それで学校の屋上への避難階段の設置、

Cimg9181

それに避難空白地域への津波タワーの建設が悲願となっていた。

今日は、その津波避難タワーの完成式があって、地域の人達と共に登ってきた。

Cimg9183

このタワーが使われることが無いに越したことはないが、

もしもの時の言うならばお守り(拠り所)だ。

Cimg9184

お守りに大枚を叩く市当局も大変だが、ともかくも住民にとっては大変な安心材料だ。

6基のタワーの高さは標高12~13mで、一基に500人程度は避難できる。

Cimg9188

それに夜間はソーラパネルと蓄電で照明できるようにもなっている。

冷たい北風が吹きつけていたけど、子供達も元気に登ってはしゃいでいた。

Cimg9189

これで防潮堤のかさ上げが出来れば、何とか安心はできる。

安政の大地震(1854)から158年、地震の周期から言えば明日だって安心はできない。

Cimg9190

しかも、3~4連動なら未曾有のダメージを覚悟する他ない。

特に東海大地震は直下型だから、震度7 で先ずはやられる。

Cimg9191

津波はその直後と言うことになる。

何時かは起こる地震だ。

Cimg9193

何はともあれ、それぞれの命を守るために出来る限りの努力をしなければなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

遥かなりし我がお頭

いや、頭髪じゃなくってその中身の話だ。

何時だったか、隣町の科学館に出かけた折、

Cimg8612

アルコールに漬されたニュートンやアインシュタインの脳を見たことがある。

確か、平均的頭脳よりも大きいと書いてあったような気がする。

Cimg8710

彼らの何歳(?)の脳かは知らないが、それは立派な逸物だった。

他人のことは兎も角、問題は私の脳のことである。

Cimg8711

昨日の「脳いきいき度」試験は、

平仮名の文章に出てくる「あ・い・う・え・お」の文字に丸印を付けながら、

Cimg8797

同時に文章の中身を把握・記憶する簡単なものだった。

2分間の試験を終えて問題用紙を伏せ、さあ主人公の名前は? 上着の色は? 

Cimg8917

場所は何処で? 生活の糧は? 広場に咲く花の色は?・・・・

と幾つかのの設問に答えようとすると、・・・・・?

Cimg8982

今読んだばかりの文章は嘘の様に消えていた。

・・・・・、そんな馬鹿なと思うほど見事に記憶が消失していたんだ。

一瞬ではあるが、自らの認知症を信じた程なんだから。Cimg9044

どうも人間の脳は、40才位から萎縮が始まるらしい。

そのピークから二十有余年も縮み続けているとすれば、

私の脳の形も随分変わっているのかも知れない。Cimg9045

あの記憶力抜群??の私の脳も、よってかくの如しなのである。

パソコンは、ウイルスの侵入か電源off以外では、機能停止することはない。

しかし脳は、エネルギーが血管から供給されて働くんで、Cimg9080

この管が細くなったりすりゃ、血液の量も早さも衰えを見せるんだろう。

而して、鈍感力だけは磨かれてきたが、度忘れすることが多くなった。

実は先日も、銀行のキャッシュカードを紛失して、盗難かと一騒ぎ。Cimg9083

再発行してもらって、今度こそ失くすまいと収納しようとしたら、

その中にあれほど探したカードがちゃんと在るではないか???。

何しろ、忘れたことを忘れているんだからな~!Cimg9100

はてさて、この黄昏は何とかならないものかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

認知に備えて

男性の平均寿命は79.6歳だが、幼児期の死亡も含まれているから、

実際には86歳位が平均寿命となる。

Cimg9162

まあそれは良いが、今日の65歳以上の人口比率は23.1%にもなった。

それで、その65歳以上の何と8%が認知症患者なんだそうだ。

Cimg9163

実数にして300万人を超える数になっている。

私の場合、ピンピンころりを目指して体力を鍛えてきた。

Cimg9164

結果として体力年齢は40代の前半を維持している。

だが、頭の方はどうなのか?

Cimg9165

頭が壊れたんじゃ、体力なんてまったく無用の長物になる。

心は頭にあるんだし、その電源が切れたんじゃ生きていても意味がない。

と言う訳で、今日は地区社協主催で「脳いきいき講座」を開催した。Cimg9166

この講座では、前頭前野生き生き度チェックと言うテストをやる。

文章を読みながら、二つのこと(文章理解と色の識別)を同時にやる。

その答案は別室で採点されて、グラフにして返してくれる。Cimg9168

そのグラフを見て驚いたのは、脳のいきいき度が55歳を境に急激に低下することだ。

私など、若いころ出来たことは何時までもできるものと信じ込んでいた。

だけど一読した文章を伏せて、「さあ、何が書いてありましたか?」と問われて、Cimg9167

・・・・・と、なかなか出てこないことに驚いた。

どうやら私の頭も、確実に加齢の度を増しているらしい。

経験と知識こそ熟年の取り柄と思っていたのに、少し自信がぐらつく思いだ。Cimg9169

兎に角、大病しない限り90歳くらいまで生きる時代だ。

折角の長寿成熟社会だって、体も頭も元気でなくっちゃ駄目だろう。

たから今日の講座を皮切りに、繰り返し抗認知プログラムを開催しようと思っている。

Cimg9159

TVでもブームになっているようだが、頭の健康は行動で造るものだ。

「どうすりゃ頭が若返る」かってテーマでやりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

RCの忘年会

早くも忘年会である。

小笠山RCの忘年会は、毎年11月の最終週と決めてあるんだ。

Cimg9127_2

それで今夜は、あの原発のある御前崎の民宿でゆっくりと一晩を過ごす。

Cimg9128

集まった17名は、仕事も年齢も住む所もそれぞれ違う。

Cimg9125

それに小笠山を走るようになっての期間だってまちまちさ。

Cimg9131

それでも、毎年こうやって和気藹々と忘年会をやる。

Cimg9126

時間があれば山を走っている訳だから、

場合によっては女房殿より顔を合わせている時間の長い人だっている。

Cimg9132

走った後は、何時も気ままな会話をして帰宅する。

気楽なお喋りは最大の娯楽であって、これは癖になる。

Cimg9135

人間関係の希薄化の進むこの時代、ランナー仲間は貴重な関係性を築いている。

会則も会長も決めてないRCだけど、それぞれの役割を自然に分担する。

Cimg9149

マラソン大会への遠征、これは車に乗り合わせて出かける。

実に身近な存在だから、走ることでは時にライバルになったりもする。

Cimg9152

と言う訳で、今夜もあちこちの大会での話題で盛り上がる。

振り返れば今年は既に、100k以上のウルトラを6大会、

フルを2大会、ハーフ3大会を走っている。

Cimg9155

勿論マラニックは別だ。

残すところ一か月、もう総括の時期を迎えているんだな~。

Cimg9156

ともあれ、今夜は舟盛りを含め沢山の料理が並んでいる。

ワイワイと飲み明かすか!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

雲海の明神

午前三時、目が覚めると激しい雨音が聞こえてくる。

今日は駄目か~と思いつつ、ウツラウツラしていた。

Cimg9064

ハッと気が付くと6時半で、外を見ると雨は止んでいた。

Cimg9066

慌てて身支度をしてI藤嬢を迎えに行って、三遠南信道から愛知県の東栄町へ。

Cimg9068

そこのとうえい温泉が今日の登山の集合場所なのだ。

8:40、今日のはランナー10人で、もう既に雨と寒さに備える格好でスタンバイしていた。

Cimg9071

この雨の中を1,016mの明神山に登ろうと言うのだ。

Cimg9073

少しばかり常軌を逸していると思うのだが、この人たちは怯むことを知らない。

Cimg9086

だが走り始めると、雨はパッタリと止んで西の方が明るくなっている。

今日のコースは、東栄から尾籠の岩山を経て明神に登り、Cimg9090

三瀬に降りようとかなりキツイコースなのだ。

ともあれ、紅葉まっ盛りの中を走って登る。Cimg9093

岩山までは約1時間で辿り着いた。

がその山頂(700m)も怖い所で、殊にのぞき岩の下は数百メートルの絶壁で、Cimg9096

足がモゾモゾと竦んで、とてものこと長居は無用と引き上げたのだが、

その眼下は見晴るかす限り雲海が広がっている。Cimg9107

山頂には、山岳修験の行者や弘法様が祭られていた。

少し引き返して、今度は明神に向かうのだが、これがまた極め付きの難路である。Cimg9110

ずり落ちそうな山肌を這い登って、険しい崖を限りなく進んで行く。

半月前に乳岩から登ったコースとは全く趣が違うんだ。Cimg9111

明神には4つの登山ルートがあって、今回はその最も険しいコースらしい。

案内のしんしんさんも、少しばかり自信なげである。

Cimg9112

だが6人の女性陣が果敢にアタックして行くんで、ついていく他なかった。

それでも12時少し過ぎて山頂に到着、雨も降られずに済んだ。

Cimg9113

止まると寒くなるんで、そこそこに昼食を済ませて下山に入る。

だが三瀬への下山は、鎖場の連続なんだ。

Cimg9114

2ヵ月前に滑落して死んだ人がいるとかで、オマケに雨の後である。

Cimg9115

用心しながら下山したんだが、言わんこっちゃない。

Cimg9116

私が鎖場で滑落してしまった。

Cimg9117

幸い下のロープに引っかかって、三途の橋を渡らずに済んだが・・・・・。

Cimg9118

おー、怖ッ。

Cimg9119

三瀬に下山して、そこからとうえい温泉まで7kmを走る。

東栄の街まで降りて、25kmを6時間とと言うところか。

Cimg9120

東栄町は花祭りで有名な所だ。

神の到来を祝う祭りで、神が鬼になって登場する。

Cimg9121

それで、この町には至る所に鬼がいる。

勿論、温泉にも鬼がいて、シャンプーとリンスを抱えていた。Cimg9122

ゆっくりと塩泉につかって、そして反省会である。

しんしんさん、来年以降もこのコースで大会を開くのだそうだ。

Cimg9123

それにしても、今日も気の良い仲間が集まって、

実に楽しい一日を過ごすことが出来た。皆さん、ありがとう!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

気ままに

これからは、気儘に生きようと心している。

改めて思えば、随分せっかちに生きてきたよう様な気がする。

Cimg9050

ガシガシと働かなきゃ生きられない農家に生まれたからだろうか。

それとも、根が貧乏性なんだろうか。

Cimg9043

ともかく、ジッとしている事が出来ない。

かと言ってゆとりが無い訳じゃなくって、逆に結構その多忙を楽しんでいる。

Cimg9029

時に手帳を開いて日程を確認する。

そして空白の一日を見つけようものなら、遮二無二予定を作ってしまう。

Cimg9058

まるで、残り少ない人生を惜しむ老人のごとくだ。

戦後に生まれて、無闇に急くような経済成長期に身をおいたことも大きい。

Cimg9059

世の中はとっくにスローになっているのに、未だにかつての惰性の中にいる。

とまれ、今日も朝から二つの会議が夕刻まで続いた。

Cimg9063

午前は遠来のお客さんの接遇であり、午後は連合会の役員会だ。

帰ってからは、暗くなって目が見えなくなるまでホーレンソウを播いた。

Cimg9032

このホーレンソウは、1月から毎日収穫・出荷しようと思っている。

とは言っても、これとてコスト計算してみれば時間給100円に満たないから遊びだ。

Cimg9033

あの手を切るような冷たさの中での収穫作業が忘れられずに続けている。

人間は、生きている間に何をしたのかが勝負だ。

Cimg9034

出来ることは何でもやってみて、やれば良かったと後で後悔はすまいと思っている。

言うならば、私流の気ままな生き方だろう。

Cimg9035

もう他人に気兼ねなどしないで、私のやるべきことをやれば良い。

そんな具合に、気ままに考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

名前のこと

私の名前はYASUICHIと言う。

終戦直後の事である。

Cimg9013_2

祖父が「これからは選挙の時代だ。とすれば簡単な名が良い。」ってんで付けたらしい。

選挙で書き易い名前が良かろうと言う訳だ。

Cimg9014

お陰で小学校以来、この自分の名前に泣かされた。

悪餓鬼が「やぁ~い、一番安いの・・・」と囃して苛める。

Cimg9015

自分では安いに越したことはないと思いつつも、

あ~、俺は人間として一番の安物かと吐息をついた。

Cimg9018

名前なぞは単なる符丁に過ぎないが、それでも「名は体を表す」と言うではないか。

とは言え、名前にだけは負けないぞ???って、どこかで思っていた。

Cimg9019

嫌いだった名前だけど、同行60有余年である。

今では、流石に別れがたく思っている。

Cimg9021

就職して最初の給料明細をもらって驚いた。

初任給33,150円の筈が、三倍ほどの金額が記載されていた。

Cimg9022_2

一時間ほどして、庶務の担当者が飛んできて明細表は回収されてしまったが、

何と、違う職場に私と同姓同名の方がいたのだ。

その方は長崎の人で、後にその名前の縁で親しくしていただいた。

Cimg9023

ともあれ新聞の投書欄などで同名を見かけると、

赤の他人なのに懐かしく感じるのが不思議だ。

祖父の予言通り選挙の時代は来たが、それは衆愚の到来でもあった。

Cimg9026

だが、書き易い名前を書いてもらう機会は永遠に到来しそうもない。

祖父の深慮に報いられず、ほんの少しだけ申し訳なく思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

紅葉に誘われて

友人のブログに、宇連山麓の愛知県民の森の紅葉が素晴らしいとある。

三遠南信道で随分とあの辺りが近くなった。Cimg9017

それで旗振りを終えて、その足で鳳来方向に向かった。

磐田から浜北IC、鳳来峡ICまで一時間弱で行ってしまう。Cimg9024

県民の森へのアプローチから、既に紅葉が錦を織りなしていた。

ともあれモリトピア(9時38分)から南尾根に向かう。Cimg9027

岩の尾根道はかなり険しくって、登山者を保護する鎖が続く。

南尾根の険しい岩山を登り切って西尾根に、Cimg9030

瀧尾根分岐からさらに進んで行くと宇連山山頂(929m)に達した。

12時4分だった。4時間の行程を2時間半弱で登りきったことになる。Cimg9031

頂上から東を臨むと先日登った明神山が正面に見えて、

その上にちょこんと富士山の白い頭がのぞいていた。Cimg9036

眼下の山間には鳳来湖が青く澄んで見える。

入れ代わり立ち代わり登山者が来るんだけど、流石に山頂は寒い。

Cimg9037

昼食もほどほどにして下山を始めた。

Cimg9038

登りとはコースを変えて、滝尾根分岐から左へ折れて亀石の滝に向かった。

このコースは来た時よりもかなり急勾配で、一気に標高を下げていく。

Cimg9039

そうして一時間位すると、水音が聞こえてきた。

Cimg9040

細長~い亀石の滝である。

Cimg9041

多分、宇連川の最上流なんだろう。

Cimg9042

この滝を過ぎると、広い林道に出た。

ここから林道を30分余、もうこれは沢音を聞きながらのハイキングである。

Cimg9048

途中、かえで展示林やら目に鮮やかな紅葉の道が続く。

何にも考えずに、このあでやかな秋の一瞬を堪能する。

Cimg9051

春から夏を過ぎて、そして彼らはこの晩秋を迎えて最後の綺羅を飾っている。

Cimg9052

さしずめ私も、紅葉と同じように人生の秋を迎えつつある。

しかして、人を感動させる如何程のことが出来ているだろうか?

Cimg9053

酔って顔を赤らめたところで只の木偶の坊でしかあるまい。

今更焦ったとて、何ほどのことが出来ようか。

Cimg9054

兎に角、紅葉は人をして物思いに誘い込む。

あ~、誰かと来ればこんなに長い沈思をせずに済んだものを・・・。

Cimg9056

下山1時間半、我を取り戻して帰宅を急いだ。

私の、晩秋の一日である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

コツコツと

峠の上にも下にも、一向に明るさが見えない社会経済が続いている。

そんな世相を映して、逆境に耐える教訓が目立つようになっている。

Cimg8696

耐えるとか覚悟とか、はたまた、激せず、躁がず、競わず、随わずなどの人生訓だ。

パイがどんどん広がって行く時代じゃないから、何れの教訓も一理ある。

だけど私は、「根気強く」ってことが一番大切だと思っている。Cimg8698

子供の頃は、日記だって三日坊主だったし、みい~んな何事にも飽きっぽかった。

それが歳と共に徐々に変わってきた。

きっかけは何だったか分からない。Cimg8699

仕事で切羽詰って結局のところ根気しか出口がなかったのかもしれないし、

毎日の通勤の影響もあったかも知れない。

毎日、行き帰りで2時間電車に乗っていた。Cimg8700

何時の間にか私の車中は書斎になっていて、随分多くの本も読んだし、

仕事の始まる前の整理だってキチッとしておくようになっていた。

それは、仮に20年の通勤としても8,000時間余の長大な時間だ。Cimg8701

ある時、向かいに座っている男のアホ面に驚いた。

スポーツ新聞を半分落としかけて眠っている。

新聞にはゴシップ記事が大きな活字で踊っていた。Cimg8741

その時、「あ~人生ってのは、こんなことで差がつくのか!」と思った。

40才を過ぎてランニングを始めた。

実はランニングってのは、実に単調で苦しい運動なんだ。

Cimg8743

その苦しさを乗り越えるにゃ、少なくとも1年は我慢が必要だ。

ランが楽しくなるまで、自分への付加が根気よく続けられるのかどうかなんだ。

そのコツコツの中に何かが見えてくるんだ。

Cimg8825

ことほど左様に、何事もコツコツと続けてみて我が物にして見なきゃ分からない。

人生は、思いの他長いんだ。

決して格好よかぁ無いがコツコツやっている人は、

何時の間にか見かけによらない人間になっているらしい。

とどのつまり、人生は根気勝負だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

凄いぞジュビロマラソン

今日は、ジュビロメモリアルマラソンである。

ジュビロの一部リーグ昇格とともに始まったマラソンだ。

Cimg8983

それが昨年からロードマラソンになって、私の自宅の近くを通る。

Cimg8985

そう、13km地点が私の家だ。

それはさておき、年々参加者が増えて今年は1万人を突破した。

Cimg8989

そのごった返す会場では、幼稚園児の遊戯やら、

Cimg8990

磐田東校と南高演劇部のトークショーetcと賑やかである。

実は、私もこの大会役員の一人なんだ。

Cimg8993

それで、今日は開会式の壇上から会場を眺めたんだ。

Cimg8994

もちろん、しっかりと出走準備をした上でね。

昨夜来の雨が上がって晴天だが、強い空っ風が吹いている。

Cimg8997

油断すれば帽子もゼッケンも飛ばされてしまう。

Cimg8998

そんな中、ジュビロの選手の号砲でスタートとなる。

走り出せば次々と和太鼓や各高校のブラスバンドが続く。

Cimg9000

それに圧巻だったのは、沿道の幼稚園児の応援である。

Cimg9002

ハーフの沿道のあちこちで、ロータッチをしなくっちゃいけない。

然して私も、走っている間に250人位の手に触れたんじゃないか。

Cimg9003

兎に角、沿道がホットなんだ。

Cimg9004

と言う訳で、強風にもかかわらず1時間41分で駆け抜けた。

年代別で17位だった。

Cimg9005

まあ、満足しなくっちゃなるまい。

Cimg9006

ゴールすると直ぐに着替えて、今度は10kの部の表彰に臨む。

そう、実行委員の一人としてプレゼンターも務めるのだ。

Cimg9008

そんな訳で、今日もあっという間の短い一日となった。

でもさ、あちこちにジュビロの選手もいるし、応援だって凄い。

Cimg9012

多分ハーフのレースじゃ、最高の大会だな~。

今日は感激してます!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

か細き絆

あの東日本大震災以降、とにかく「絆」が強調されてきた。

みんなで支援しようと言う意味だったのだろう。

Cimg8969

しかし、自分にとって絆とは何かと考えると、途端に分からなくなる。

家族だって、友人との間だって、職場だって、

Cimg8970

果たしてどれ程強い絆を持っているかと考えると・・・・?。

時に、打算や利害や惰性の絆ではないかと考えてみる。

Cimg8971

もとより人間は、一人で生まれて一人で死んでいく存在だろう。

かなり淋しいが、現実はそういうことだと思う。

Cimg8972

今子供達の間に、その人間関係の希薄化が進んでいると言う。

私の子供の頃にゃ、泥まみれで遊んだり、家の台所に闖入したり、

Cimg8974

喧嘩で怪我をしたり、良くも悪くも体と体の触れ合いをやってきた。

でも今じゃ、苛めるんだってメールだ。

Cimg8975

希薄化も何も、そういう時代になっていると言うことだ。

今日の青少年健全育成大会では、中学生の主張やら、

Cimg8976

子供達の被災地支援活動についての発表、

そして、岩手県大槌町の吉祥寺の高橋英悟住職の講演があった。

Cimg8977

大槌町は、あの井上ひさしの「キリキリ人」のモデルになった町だ。

やはり、津波で町民の11%が亡くなっている。

Cimg8978

高橋さんの寺は、震災のその日から自然的に数百人の避難所となった。

その避難者への支援を通じて「人の絆」とは何かと考えていく。

Cimg8980

トラブルも利害相克も乗り越えて、

やがて絆とは、「人が人を大切に思う心で支えられる」ものだと悟る。

至極当たり前のことだけど、その当たり前が出来ないんだよね。

Cimg8981

みんなが、今出来ることが出来れば、世の中はぐぅ~んと良くなるだろう。

小さなことでも自分に出来る事をやる。

そういう具合に、心のスイッチを切り替えりゃ良いんだけどね。

Cimg8967_2

大切なのに、それを忘れているのが「絆」だな。

続きを読む "か細き絆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

本懐

私のような市井の人間にとって、およそ縁のない事大な言葉だ。

だけど、先日の野田総理の「16日に解散します」発言を聞いて、この言葉を思った。

Cimg8204

言うまでもなく民主党政権は最初っから迷走を続けてきた。

鳩山・管と続いた思い付きとパフォーマンスの、それに嘘ばっかりの総理で、

正に開いた口が塞がらないといった体たらくだった。

Cimg8311

それが野田総理になって、私などは幾分の安堵感を覚えていた。

それは彼が現実を直視していたし、

少なくとも前任の二人のような嘘を言わなかったからだ。

Cimg8480

しかし、民主党はいわゆるポピュリズムで政権をとった。

当然ながら、甘いことしか言えない議員を多数内包している。

だから、現実に近づけば近づくほど不満分子が増えるのは当然のことだ。

Cimg8581

加えてマニフェストが出鱈目だと分かって、国民から「嘘つき」と言われ始める。

それで、とうとう離党分裂ということになる。

議員にとっては、残念ながら政策なんてどうでも良いんであって、

Cimg8666

議員の身分という御身が最も大切だからだ。

彼らは、この泥舟から脱出のチャンスを伺っていたんだろう。

そのばらばらな党を率いて、

Cimg8680

孤軍奮闘しつつも筋を通してきたのは野田総理ではなかったか。

今夕刻、国会は解散となった。

もとより選挙に勝てるような状況なんてない。

Cimg8776

その惨敗の見えている選挙に、あえて打って出たのである。

普通の人間には、容易に出来る決断ではあるまい。

彼にとって正に「男子の本懐」ではなかったか。

Cimg8922

本より望むところだったか否かは別として、

彼の決断は土壇場でこの政党を救ったのかもしれない。

国会解散を聞いて、株価は急上昇を始めている。

野田総理の決断は、ギリギリのところで政治への希望をつないだんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

共和の難しさ

今夜は、多文化共生をテーマにした研修会である。

私の住む人口17万余の町には、8千人余の外国籍の方々が住んでいる。

Cimg7621

大抵はブラジル籍の日系人だが、言葉も習俗も風体も異なっている。

最大のネックは、言葉が通じないことだが、

Cimg7722

近年の景気動向とも相俟って、

新たにその子供達の未就学なども課題になっている。

Cimg8957

だが根本は、単一民化して長いこと島国で暮らした私たちにとって、

異文化との遭遇に、どう対処して良いのか戸惑うばかりが実態だ。

Cimg8958

それは、あの幕末の開国騒ぎの折の忌避感情にも繋がる。

異なったものへの、拒否反応なんだ。

Cimg8960

二年前の夏、ロシアのブリャート共和国に行った折を思い出す。

ブリャートは、ロシアに編入されてしまったモンゴルの地だ。

Cimg8961

モンゴールは中国領蒙古とモンゴール共和国、そしてブリャートに分割されたのだ。

それは兎も角、バイカル湖の南部に広がるブリャートは、日本人のルーツとも言われる。

Cimg8959

日本人と見間違うような人達がごろごろいて、

ロシア語を話しているのが誠に不思議だった。

たがブリャートのモンゴール人は7割で、2割がロシア人、残りが朝鮮族と中国人だ。

Cimg8964

その3つの民族が入り混じって、それなりに上手くやっている。

レーニン像の前の広場に群れている人々も、必ずしも同じ種族で集っている訳じゃない。

考えてみれば、米国をはじめ欧州も中国もブラジルも多民族国家なのだ。

Cimg8965

むしろ、日本のような単一民族〔?〕が暮らす地域は珍しい。

朝街頭に立っていると、その中には肌の黒い子も白い子も混じっている。

小中学校にゃ外国人の英語教師もいる。

Cimg8966

子供他たちの方が、はるかに国際化が進んでいる。

そして問題は、地域にわだかまっている。

Cimg8956

防犯や防災などの自治会活動、日頃のコミュニティーが遅々として融和しないからだ。

はてさて、生活習慣の違いを知ることは兎も角、次の一手をどうしたものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

強さの源

子供の頃、私は鰯のように弱い存在だったろうと思う。

とっても気が弱くって、悪餓鬼に何時も苛められていた。

Cimg8607

負けると知れた喧嘩など、したくっても出来なかったし、

体力も知力も含め、俺は生きていけるんだろうかと不安だった。

それでかどうか、体格が良くって体力に勝る男に憧れた。Cimg8614

それは、戦国時代に加藤清正みたいな武将の下に人が集まったのと同じだ。

武将にとっての最大の魅力は、やきり「強さ」だったろう。

それが幸か不幸か、腕力に偏ることのない時代に生まれた。Cimg8616

今度は、口先三寸の輩がしゃしゃり出るようになる。

やたらと高圧的な物言いをし、人を見下す姿勢を取る。

初対面でも、相手を怒鳴りつけるような人だっていた。Cimg7778

そんな人間とも数多く遭遇したが、実は彼らは内実の無い人達ばかりだった。

自分の中身がないからこそ、表面を強がりで装っていたのだ。

そして次第に、本当に強い人は静かな人だって事が分かってくる。Cimg8349

ぎらぎらするような強さは偽物で、渋し銀に本当の強さがあるんだ。

その人間だって本当は実に弱い存在であって、

自分を支える何がしかがあって、自信を持って行動するようになる。Cimg8395

その何がしかとは、三つだと思っている。

一つは「自分の世界を持っている」(self)かどうか。

自分の判断の源泉となる部分を育ててきたかどうかだ。Cimg8406

二つ目は「一人じゃないって」(intimacy)ことだ。

人間は孤立していたんじゃ駄目だ。

様々な仲間がいて、お互いに切磋琢磨できる関係が肝心だ。Cimg8555

そして最後は「目標に向かって進む」(achievement)ことだ。

目標のない人間にゃ魅力もない。

人は一歩一歩前進しているからこそ輝いていられるんであって、Cimg8631

他人の揚げ足をとったり、愚痴ったりするような虚ろな人間は最低だね。

残念ながら、高齢者にそんな輩が増えている。

自分の目標を見失って、人生を無駄に彷徨っているんだろうか。Cimg8808

ともあれ、私は静養晩生であれかしと思っている。

今、かつての鰯が人前に立っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

人生と言う旅

何処から何処に行く旅かって?

そりゃ~もちろん、母の胎内から棺桶までの旅さ。

Cimg8954

ただこの旅は、サイトシーイング(物見遊山)とは違う。

それぞれの命を懸けた冒険の旅なんだ。

Cimg8839

オギャーと生まれてから、色んなことを知っていく。

緑の野原も街並みも、そして時と共に移り変わる景色にも馴染んでいく。

Cimg8838

そう言やぁ、学校ってオアシスもあったっけ。

様々な事どもに遭遇し、悩んだり苦しんだり笑ったり、落胆したり時に涙したり、

それでも、次々と移り変わる場面に目を輝かせて生きていく。Cimg8833

この旅には、人を生かす不思議な力があるんだ。

未知の世界との遭遇は、それはそれは魅力的だ。

思わぬ異性との出会いに心振るわせることだってある。

Cimg8829

だから、あそこにも行ってみよう、こんな体験もしてみようってやってきた。

でも随分と長いこと歩いてきて、ワクワクドキドキが少し減ってきたかな。

Cimg8809

旅の先が予測できちゃうってことは、決して面白いことじゃない。

人生は、やはり新鮮なのが良い。

Cimg8798

もっと遠くへ行ってみよう、知らない街も歩いてみよう。

少しの冒険だって、臆すること無くチャレンジしてみよう。

Cimg8799

最後の行先はね・・、みんな決まっているんだからさ。

そのゴールまでに、何を見、何をするかって旅なんだから。

だからこの人生の旅は、貪欲な旅でありたい。

Cimg8801

そう、立ち止まらずに、勇気をもって先に進んでみよう。

明日は明日の風が吹くんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

少々の無理

少しだけ、無理をしてみる。

これは人生にとって、とっても大切なことだよね。

Cimg8916

でも歳をとるに従って、自分のねぐらが居心地良くなる。

慣れ親しんだその枠の外に出て、冷たい風に当たるのが億劫になるんだ。

Cimg8914

外に出りゃ、他人とも渡り合わなきゃならなくなるし、

様々な事件にも遭遇するだろう。

Cimg8924

言うならば君子然として、危うきに近寄らずを決め込むんだ。

しかしながら人間は、自分に安住してたんじゃ進歩はない。

Cimg8825

だから、少しだけ無理をしてみるべきだ。

自分へのチャレンジだ。

Cimg8824

そうやって、自分の世界を広げていくんだ。

私は、変化が好きだし変化を求めて歩いてきた。

Cimg8822

仕事だって前年踏襲ってのを極力避けてきた。

畑も今日よりは明日、どこかに進展がみられないと我慢できない。

Cimg8819

体力の限界にも、次々と挑んでその領域を広げてきた。

と言って、出来ない無理は決してしてこなかった。

Cimg8818

一歩一歩無理を積み重ねて、可能にしてきたと思っている。

家康公は「人の一生は重き荷を背負いて 遠き道を行くがごとし」と言っている。

Cimg8817

そしてその「重き荷」とは、実はチャレンジなんじゃないか。

「苦労するこたぁ無い・・・」ってのは、進歩を止めた人の言葉さ。

Cimg8813

人生に苦労は当たり前、苦労するから喜びも生まれるんだ。

ジッとしているのは嫌だ。

Cimg8915

だから死ぬまで、ほんの少しの無理をし続けようと思っている。

人生は、I have a lot on my plate right now. でなければなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

地震予知

1854年の安政の大地震から160年近くが経過する。

それで30年以内に、この地域では88%の確率で大地震が起こるとされている。

Cimg8919

しかも先日の中央防災会議の発表では、

南海トラフ巨大地震の想定死者数は32万人余、

Cimg8920

うち本県が10万人超と発表された。

どこかでそんな数字が、絵空事の様に遊んでいるっと言った感じだ。

Cimg8921

そんな中でイタリアの地裁の判決は衝撃的だった。

2009年3月、予知委員会を開催して「安全宣言」を出した6日後にM6.4の地震が発生。

Cimg8923

300人以上の死者が出た。

皮肉な結果が裁判となり、有罪判決が出たからだ。

Cimg8946

もともと「いつ、どこで、どの程度」の地震が起こるか予知することは困難だ。

ただ一つ、想定東海地震については、余地が出来るかもしれないと言う。

Cimg8947

それは震源が陸地の直下で観測機器が充実していること、

それに、その観測に反応する程度に規模が大きい(M8以上)ことだ。

Cimg8948

予知できるか否かはさておき、恐らくこの10年前後に地震は起こるだろう。

どれ程の揺れになるのか、津波は何処で止まるか、それは誰も分からない。

Cimg8949

成るようにしかならない訳で、ただ、自分と家族の命さえ守られたらラッキーだ。

人間はこれまでずうっと、そんな自然の試練の中を生きてきたんだから。

Cimg8950

だから防災訓練は、自分達が生き残るための訓練をやれば良い。

そして生き残った後の、秩序ある生活訓練だ。

Cimg8951

今日は、防災対策強化判定会の安倍勝征会長の話を聞き、

昨日は県の防災センターの郷アドバイザーの話しを伺った。

Cimg8952

分ったことは、私達は地震の巣の上に住んでいて、

出来ることは被害を如何に減らすかってことだけだと言うこと。

Cimg8953

無関心な人もいるけど、これは心ある人達がやれば良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

あぁ~原子力発電

昨年九月、時の官総理の一声で浜岡原発は止まった。

浜岡原発は1号機から5号機まで、

Cimg8926

富士川以西の静岡県内の全電力を担っていた。

官は「世界一危険な原発」だと浜岡を名指しした。

Cimg8929

思い付きという意味じゃ、あの田中真紀子と根っこは同じだ。

その止まった原発に、今現在4,200人が働いている。

Cimg8930

その多くは、地震対策工事に伴う人達だ。

1.6km、高さ18mの防波壁を始めとして、

Cimg8931

複数の予備電源を含め考えられるあらゆる工事が完成しようとしている。

工事に要した金額は、約1,300億円だそうだが、

Cimg8932

この原発を止めたことで、一年間に3.000億円の石化燃費が嵩んでいると言う。

つまり、この長大な防災工事費用も1年足らずで元が取れるってことだ。

Cimg8933

使用済み核燃料の最終処分を除けば、電力会社にとって原発のコストは格安だ。

しかし、国に任された最終処分地などが決まる訳もなく、

Cimg8934

既に半世紀、使用済み核燃料は溜まるばかりなのが現実だ。

今日のような政変を繰り返しているなら、混乱は永劫続くだろう。

Cimg8937

つまり原発の出す途方もなく厄介な汚物は累積する一方なのだ。

この浜岡原発だって、廃炉を決めた1・2号機の使用済み核燃料棒1,300体がそのままだ。

Cimg8938

耐震補強のされていない原子炉の最上階プールに貯蔵されている。

これらは近く5号機に移されると言うが、その先は見えていない。

Cimg8939

このままではやがて糞詰まりになるんだが、その時は何とかなるだろさ。

・・・と高をくくってやってきた。

Cimg8940

原発は、電力会社にとっては打ち出の小づちだ。

しかし、この国全体にとって、果たしてペイするものなのかどうか。

それにどれだけの防波壁を作ったとしても、自然の力に比べれば・・・

Cimg8942

日本列島は、トラフの造山運動の結果できたものだ。

そのダイナミックな動きと比べれば、人間の出来ることなんてみみっちい限りだ。

原子力エネルギーは無限だが、今のところ人間の手に余るのではないか。

Cimg8928

そりゃ経済も大切だが、この列島の住人の命と引き換えではあまりにもリスキーだろう。

政権がどうなるにしろ、この問題は冷静に見直すべきだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

重々無尽

私達は、東アジアのモンスーン気候の緑に恵まれた地に生きている。

地球広しとは言え、砂漠や寒冷地、小雨地が相当部分を占める。

Cimg8883

この列島は地震が多いとはいえ、この地球で稀有な恵まれた地なのだ。

それこそ空気と水はただで生活できるのだから。

Cimg8884

古代ギリシャの滅亡は、その自然を疎かにした結果だ。

人口増に伴って森林を伐採し、農地を拡張していく。

Cimg8885

もとより少雨の地であり、やがて土地は乾き岩盤が露出するようになる。

結果として、食料が絶対的に供給できなくなってしまう。

Cimg8888

古代ローマという文明は、自然破壊によってあえなく滅びたのだ。

今、私達はその古代ローマと同じことをしているんじゃなかろうか。

Cimg8889

他でもない、原子力発電のことである。

福島はたまたま津波によって冷却電源が失われ、悲劇を引き起こしてしまった。

Cimg8890

だが私達が直面しているのは、たまたまじゃなくって必然的な困難ではないか。

使用済み核燃料の持っていく所がないんだ。

Cimg8895

このまま原発を稼働し続ければ、無尽蔵に行き場のない廃棄物が増えていく。

それにこの日本列島は、大地のプレート運動によってできた地震の巣だ。

Cimg8896

地震は、動くとなったら大地を100m隆起させるなぞいとも簡単にやってのける。

その地震列島にコントロールも終末処理もままならない原発を並べてきたことは、

Cimg8898

果たして英知であったのかどうか、

当面のコストに引きずられた経済合理主義ではなかったか。

Cimg8899

アメリカの主導するTPPと同じで、

「利益こそ善」が最悪の結果を生み出すのである。

Cimg8902

政治が、この国を思う多少なりともの善意を持つならば、

自然の生み出すエネルギーを最大限の力で利用可能な形にするべきだ。

そして原子力は、人間の力で完全にコントロールできるまで凍結すべきだろう。

Cimg8913

重々無尽とは、華厳の教えで世界はつながっていると言うことだ。

色即是空、空即是色と同じような意味合いを持つのかも知れない。

この原子力問題は、世界全体の問題なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

山の秋

紅葉が始まっている。

はて何処に向かうべきかと考えて、早春に登った明神山を思い出した。

Cimg8912_2

あの愛知県設楽町の乳岩の奥だ。

三遠南信道の一部開通で、浜北ICから20分少々で登山口に行ける。Cimg8886

と言う訳で、ともかく行ってみることにした。

明神山は標高970m程で、あの辺では突出して高い山だ。Cimg8887

9:30分乳岩峡登り口から歩き始める。

途中の鬼岩では、若い人達が岩にぶら下がっていた。Cimg8891

そう鬼岩は、ロッククライミングの登竜門なのだ。

「何故、こんな危ないことを・・・」と思う。Cimg8892

だけど登山だって同じで、多分自分への挑戦なんだよね。

何処まで出来るか、自分の可能性を試してみたい。Cimg8894

形は違うけど、私の日々の思いと同質のものだろう。

岩に取り付く彼らを見上げて、そのアベックの絆を思っていた。Cimg8903

しかし、岩登りを今からやれと言われても、体力が追い付かないだろう??

ともあれ、今日は明神の山頂を目指す。Cimg8901

やがて、胸突き八丁の登りを息せき切って這い上がる。

すると、その先はあの足の竦む馬の背岩である。Cimg8900

その絶壁を通り過ぎると、パッと明るくなった。

ツツジが真っ赤に紅葉していて、丁度見ごろなんだ。Cimg8911

と思って下を見ると、ずっと山裾に向かって錦が織りなしていた。

その、ずう~っと先には設楽の街が見える。Cimg8909

平日なのに、何組かの人達が息を切らせながら登ってくる。

山(ピーク)に登るってことは、一体何なんだろうか。Cimg8908

一歩一歩、汗をかきながら登って、頂上に立つ。

登り始めてから2時間半である。

四囲を見渡して、それで納得して山を下る。Cimg8907

何の為にと言われると、そこに答えは無い。

だけど、私達の毎日だってそれに近いことをやっている。

Cimg8905

そして、そのことにも特段の理由はない。

でも私達は、毎日一生懸命に生きている。

Cimg8904

山も、多分同じことなんだよね。

ともあれ、明神の紅葉は心に染みる様な風情があった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

多望の秋

出勤前後の朝と夕方をフル活用して、野菜を育てている。

今朝は大根とホウレンソーを播いた。

Cimg8707

秋は収穫ってのが常識だが、それは主に稲穂のことだ。

野菜は、むしろ来春に向けての仕込みの時期だ。

私もこの秋は、白菜を始めとして玉葱、レタスや大根、ニンジンなどを

Cimg8878

所狭しと植えている。

と言うよりも、空き地があればそこに何を育てようかと言う算段をする。

野菜の苗は高価だ。

白菜やキャベツだって、買えば一本70~80円はする。

それで苦労して育てて見りゃ、スーパーで100円で売っていたりする。Cimg8879

だから白菜も玉葱も種から育てることにした。

白菜を播いて、芽の出た半分ほどを鉢上げして、後は諦めた。

苗が数百本になって、植える場所の確保が出来ないからだ。

ともあれ、それでも150本余の白菜を定植した。Cimg8880

今、彼らはグイグイと成長を続けている。

同様に人参も大量(一家の食量の数年分)に播いてしまった。

大根やレタス、ニンニク、ブロッコリーに花野菜、サンチョとて同様である。

ホウレンソーは例年のごとく着々と巻き続けている。

まあ、これは販売用だ。Cimg8881

と言うことで、私の狭い畑は綺麗に耕され、既に満杯になった。

機械を使わずに鍬一本で作業をしていて、作業にいそしむこと、

それに彼らの育つ姿を愛でることが面白くてやっている。

Cimg8882

とは言え、来春にこの野菜をどうさばくか・・・、

捕らぬ狸の皮算用をしている。

立冬とは言え、とにかく多望な秋なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

花失せては・・・

女性ならば、花の命は短くて・・・と嘆くところだろうか。

馬齢を重ねて六十有余年、今更ながら人生の花とは何かと考えている。

Cimg8804

草にも樹にもそれなりの花が咲き、子孫を残す実を稔らせる。

できそこないか否かは別として、子孫は出来るにはできた。

Cimg8697

しかし、私が咲かせる花はいかばかりかという思いだ。

言うならば、心に咲かせる花だろうか。

Cimg8803

慢心の末に咲く駄花など、もとより眼中にない。

日々を新しく生きて、あえて困難にも立ち向かう。

Cimg8708

そんな道程の先の崖の上に咲く花、それこそが人生の花ではなかろうか。

人生は、どうせ一期の夢だろう。

Cimg8802

ならば、SMAPの歌ように「世界でたった一つの花」を目指してみたらどうか。

花は、チャレンジする目標に他ならない。

Cimg8687

その目標を目指す意思があれば道は開ける。

人は目指すべき花無くしては、死す他なくなるのではないか。

Cimg8712

「老いぬればとて 花失せては 面白からず」

世阿弥の花伝書の一節だ。

Cimg8682

老いるにはまだ早いが、熟年なりの輝きを失ってはいないだろうか。

人は環境の動物だ。

Cimg8709

テンポの良い曲を聞けば、自然と体が動き出す。

単調な話を聞かされりゃ眠くなる。

Cimg8731

だから、花に向かって歩み続けることこそが肝要だ。

人生の花を見失うようなことがあってはならない。

Cimg8729

・・・・と、今日も心している。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

老々大国の未来

高齢化って言うよりも長寿化が進んでいる。

大病しなければ、大抵の人が百歳近くまで生きるんだろう。

Cimg8859

長生きは結構なことだが、果たして環境が許してくれるものかどうか。

見渡せば、孤独死だの振り込み詐欺、

年金財源の枯渇、認知の不安などが満ち満ちている。

Cimg8863

話し手も次第に居なくなる高齢者が、果たして幸せなものかどうか。

誰だって年は取るんだ。

死ぬまで自立して生きるのが理想だが、

Cimg8864

こればっかりは一生に一度の体験だから、未知の領域だ。

そうした老後をどうするかって、私達は真剣に考えなきゃならなくなっている。

確かに介護保険の制度は出来たけど、施設が終の棲家で良いのかどうか。

Cimg8865

それに昨今の家族の繋がりの希薄化ってことも心配だね。

戦後の勝手放大民主主義は、家族すらもバラバラにして来たんだから。

今日は「高齢者を支える活動」についての研修会である。

Cimg8866

県西部地区の5市町の自治会連合会の役員に考えて貰おうと言う訳だ。

給食サービスを通じた見守り、ボランティア劇団による笑いづくり、

工夫を凝らしたサロン活動など、各地域から報告があった。

Cimg8868

勿論そうした活動は70歳前後の高齢者が担っている。

そう、これからの超高齢化社会は老人が老人をケアーする時代だ。

ケアーする方だって、心が動けは体も動いて健康になる。

Cimg8869

とは言え、どうやってその仕組みを作っていけば良いのか…

地区社協の役員会ですら、他人任せを主張する人もいる。

高齢者福祉は、やがては自分の問題なのにな~。

Cimg8870

強がり言ってるあなた !  本当にボランティアは馬鹿バカしい??

ひょつとしたら、この国の未来はあなたの行動次第かも知れないよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

時代のヒカリ

私の住む地域には「若草会」と言う設立50年の組織がある。

若草会の趣旨は青少年の健全育成だ。

Cimg8855

その昔この地域は、別珍コール天を織る織布の町として栄えた。

当時、ガチャ万と言う言葉があって、

織機がガチャっと音を立てるとマンの金が入ると言われた。

Cimg8854

東北などから若い職工さんが集まってきていて、それは賑わいだってあった。

それが昭和29年、突然の不況に見舞われる。

町工場の倒産が続くようになって、やがて繊維業界は構造不況に入っていく。

Cimg8853

そんな中でも、羽振り良くて派手な生活は中々改まらない。

そんな時代がいつまでも続く訳がない。

やがて、その破綻は中学生にまず現れた。

Cimg8849

恐喝やたかり、盗みの横行と子供の世界が荒れはじめたのだ。

それを何とか立て直そうと設立されたのが、町民ぐるみの若草会だった。

Cimg8848

それから50年、時代は大きく変わった。

何時の間にか隣の人は何する人ぞと、コミュニティは希薄化している。

Cimg8851

だが若草会の、その大がかりな組織だけは「名誉職」として続いている。

実態は、既に機能しているとはとても思えないのだが、当事者には分からない。

Cimg8852

ともあれ、今日はその末端支部長を集めた懇談会があった。

テーマは「子供達で気になっていることは? 」である。

Cimg8850

う~ん、行動のない所に関心は向かわないと思うのだが…・

今日の会は、その成果を生み出さないままに「無事」に終了したようだ。

Cimg8847

もはやこの会は解体して、新たな仕組みを考えるべきだと思っている。

ところで、昨夜はサウンドイルミネーションなるものを味わってきた。

Cimg8846

私達は太陽や星の光、鼓動や優しい母親の言葉の福音のもとで育まれてきた。

言うならば音と光は、私達の古里でもある。

Cimg8845

その光が、LEDの多様な光で別世界が演出されるようになった。

静けさを誘うような光の中に、心を静かに震わせる音が流れている。

Cimg8844

音と光の広がりの中で、人は何を思うんだろうか?

確かに非日常の空間であって、別天地に遊ぶ心地がした。

Cimg8843

さて、私達は環境に影響される生き物である。

子供達はもとより私達熟年者だってそうさ。

Cimg8842

環境が変われば、それなりに仕組みも組織も変えていかなくっちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

小笠山トレイル

早いもので、もう6回目の大会になった。

私達のホームコースで大会をやろうって言い出したのは10年ほど前だ。

Cimg8811

それがHさんの呼びかけで、この特異なトレイルランが生まれた。

急峻な崖の上を走るエキサイティングコース、そして私達のホームコース、

Cimg8814

最後は崖を下ってつま恋まではしる26,4kmだ。

Cimg8816

今年はその間に5箇所のエイドステイションが営まれた。

Cimg8821

最初はカレーやビールなどの昼食エイド。

このカレーがまた、とてつもなく美味しいんだ。

Cimg8826

折り返し点では仲間のケンチャンエイド。

再び昼食エイドに戻って、小笠神社を経由すると、

Cimg8827

間もなく六枚屏風の崖に達する。

これがまた、ここでしか遭遇できない奇観なのだ。

Cimg8828

この小笠山丘陵は標高264mの緑のコロニーだが、

Cimg8829

20万年前は大井川の川底だった。

Cimg8831

その大井川が作った巨大な三角州が大きく隆起して、今日の小笠山の原型になった。

Cimg8832

だから私達の走る地面は、丸い川石の積み重なった川原と同じだ。

Cimg8835

そしてそこに生えているのは、乾燥に強いウバメガシである。

Cimg8834_2

その丘陵を降りきったところに、ウッチャンの御両親と家族がエイドを設けて下さった。

さらに2kmほど進むと、今度は彼女の御兄弟が私達を待ち受けていた。

Cimg8836

甘酒やおでん、それにビールまで準備して待っていたのだ。

とてものこと、出来ることじゃないよ。

Cimg8837

そんな訳で、今日は冷たい北風が吹いていたけれど、

心地良く快走出来たと言ってよいだろう。

Cimg8840

全国各地から、私達の丘陵にランナーをお迎えし、楽しく走っていただけた。

その為に、仲間の一人一人が少しずつ努力したんだからね。

Cimg8841

26kmとは言え、山の中だからコースガイドだって容易じゃあない。

然して、今年も思い出に残る大会になった。

皆さん、本当にありがとう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

サンディー毎日

現役時代にゃ「今度の休みにゃ、あれをやってこれを済ませて・・」などと、

休日の到来を心待ちにしていたな~。

Cimg8681

それが今じゃ、基本的に毎日が日曜日なのである。

そうなった当座は、いささか身の置き所に困った。

Cimg8773

一日の可処分時間の大きさに閉口した。

第一、毎朝通勤電車に乗らないだけで、体のリズムがおかしくなった。

Cimg8740

中空に浮き上がったようで、ソワソワと落ち着かない。

それで、出勤と同じ時間に山に出掛けて走ることにした。

Cimg8739

それでも道すがら方向違いの出勤者を羨ましく感じたものだ。

だがそれも、ほんの一か月ほどの事だった。

Cimg8728

やがて、無所属なりの過ごし方が出来てくる。

それで今では、自由時間の大きさに怯えるなんてことは絶えて無い。

Cimg8705

ブドウや野菜を育てることはもとより、

自治会やボランティアなどを中心に様々な世界が広がってくる。

Cimg8704

もちろん走ることは、依然としてその中核を成している。

殊に休日は仲間が集まって賑やかになる。

それが一週間の節目として、一つのリズムにもなっている。Cimg8703

ランは心身の健康にもってこいだが、健康のために走っている訳じゃない。

私達は、楽し生きるために走っている。

ところで人間は、常に無い物ねだりをする動物だ。Cimg8702

時間でも金でも恋人でも、無いからこそ渇望する。

誠に勝手なもので、時間が有り余れば今度は多忙を懐かしむ。

ともあれ、サンディー毎日は素晴らしい。Cimg8730

手帳に予定を書き込む度に、その充実を考えるんだから。

そう、自分の持ち時間を目一杯謳歌してやろうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

空っ風

11月、俄かな冬将軍のお出ましである。

昨日までの半ズボンを、流石の私も長袖長ズボンに衣替え。

Cimg8404

日長が短くなって、夜の過ごし方に往生する。

早寝早起きをモットオにしてるんだが、朝が暗くて困るんだ。

Cimg8347

止む無くベットで時間を過ごすと、取り留めもない思いが浮かぶ。

まあ~、格好良く言えば来し方行く末の思案だが、

Cimg8512

心配事やら後悔やら、未練やら…・、

喜びと言うか、心楽しいことはあんまり登場しない。

Cimg8523

仕方ないから、朝起きてからの自分の行動を思い描く。

先ずはホウレンソウと人参に水をやって、畑に堆肥を散布して10mほど畝をつくる。

Cimg8532

仕事から帰って、ニンジンを播く支度をやっておこう。

田圃から籾殻を運んで、畝間に敷き詰めて雑草おさえにする。

Cimg8553

その頃にゃ朝飯になるだろうから、新聞を読みながら・・・・、

待てよ、大根の間引きも急がにゃいかんか・・・・。

Cimg8589

まあ、それは後回しにして、街頭の「おはよう」はとびっきり大声にしよう。

子供達を見送ったら、パソコンをチェックして、あれこれと封書も見なくっちゃ。

Cimg8604

急いで身支度をして、学校に出掛ける。

・・・と、その辺まで事細かに謎っていく。

Cimg8613

で、とうとう辛抱できなくなって、布団をガバッと跳ね除ける毎日なのだ。

昔は夜が待ち遠しかったのに、

Cimg8645

歳をとったと思いたくもないが、これが年齢ってやつかもしれない。

正に It's no use crying over spilt milk だね。

Cimg8678

ともあれ I have a lot on my plate right now なのだ。

脇目も振らずに、邁進する他あるまい。

Cimg8679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »