« 産業の町 | トップページ | スネイル »

2012年11月30日 (金)

顔につられて

偶然開けた引き出しの底から、アマ無線の免許証が出てきた。

その30年ほど前の免許証の写真を見て驚いた。

Cimg9207

何と、愚息の今の顔と瓜二つなのだ。

親子だから似ていて何の不思議もないが、改めてその相似形に感心してしまった。

Cimg9196

顔と言うのは不思議なもので、職業や生活スタイルで一定の雰囲気が出てくる。

或いは、性格や癖まで顔に出てくるのかも知れない。

Cimg9186

だからすれ違っただけで、服装は別にしてもお役人と商売人の区別がついてしまう。

お巡りさんと先生じゃ、感じだってはっきりと違うしね。

Cimg9182

やはり、40歳位までに自分の顔が出来てしまうのかも知れない。

だから顔は、似てはいても親からもらったままでは有り得ないのだ。

とは言え、生まれついたその顔で損をする人も得をする人もいる。Cimg9153

例えばフィギアスケートの選手が同程度の演技をしたとしても、

ビジュアルで加点評価されている気もするしね。

もっと顕著なのは、選挙じゃなかろうか。Cimg9108

大方が「あの人は誠実そうだね」って人に一票を投じてしまう。

仮にその候補が、仮面の下に下心を潜ませていたとしてもだ。

だから地が悪人面ってのは、どう考えたって損だ。Cimg9065

役者はそれを、正義の味方はそれらしく、悪人はもっとそれらしく演じ分ける。

何時も悪役を演じる役者本人を、私達は本当の悪者と思ってしまう。

まあ、それ程に顔は物をいうと言うことになる。Cimg9007

顔は、人の最も大切な印象を醸し出す。

やはり物腰を含め、私達は自分の顔に全責任を持たなければならないのだ。

だが同時に、表面に引きずられてその顔に騙されてはなるまい。Cimg8991

詐欺師は、必ず善人の顔をして近寄って来るんだから・・。

人品骨柄は、よくよく見極めないとね。

|

« 産業の町 | トップページ | スネイル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔につられて:

« 産業の町 | トップページ | スネイル »