« 英悟と日本人 | トップページ | あ~ぁ酒よ »

2012年12月13日 (木)

こんな人生

昨日、長年勤めた職場の広報課から、「OBからのメッセージ」を書くよう依頼があった。

「退職してからも生き生きと生活してるぜ」ってメッセージをご所望のようだ。

Cimg9263

毎日のように元気で忙しく動き回っているんだから、

それは、いと容易いことだ。

Cimg9265

しかし、目の前の仕事に夢中になって格闘している人達に何の意味があるだろうか。

私が現役の頃、広報誌にそんな記事が出ていても、

Cimg9266

「フン、隠居の余生か・・」位にしか感じなかったのではないか。

現役は、仕事がすべてだ。

Cimg9275

無理難題を通そうとする議員の横車とだって戦っているだろう。

「政治主導」という言葉のまやかしの裏側もキチッと見えているはずだ。

Cimg9276

ともあれ、そんな現役時代の制約から解き放たれると同時に、組織の後ろ盾も失った。

さしずめ芸能界ならAKB45から卒業するようなもんだが、

Cimg9279

しがない小役人の先行きを気遣う人なんている訳もない。

あれから既に5年余が経過して、色んな意味で一匹狼〔老羊?〕になった。

Cimg9280

そうして、幾つかの新たなコミュニティーの一員として動いている。

ある時はランナーであり農園主、管理者であり、そしてまた団体の役員だったりする。

Cimg9294

その日によってお会いする方の顔も話題も違うし、私の社会も広がった。

今はそんな日々を真剣に楽しんでもいる。

さはさりながら、そんなことを書いたとて唯の自慢とでも受け取られるのが落ちだ。

Cimg9264

それに私の人生は、纏めをするには未だ早すぎる途中なのだ。

それで・・・、「俺みたいな、こんな人生があってもいいんだろう。」ってなことを、

少し趣味的に書いてみようかと思っている。

|

« 英悟と日本人 | トップページ | あ~ぁ酒よ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな人生:

« 英悟と日本人 | トップページ | あ~ぁ酒よ »