« 人生は四毛作 | トップページ | 新たな時の誕生 »

2012年12月31日 (月)

淡々と

しみじみとした唄が少なくなって、TVを離れブログに向かっている。

遂に、今年も大晦日である。

煩悩を取り払うという鐘の音が、どこからかかすかに響いてくる。

Cimg9454

子供の頃、除夜の鐘の音が聞きたくって、夜中までラジオを聴いていたことがある。

紅白が終わって行く年来る年が始まると、あのどこかのゴーンが中継される。

大抵が雪に埋もれた由緒ある寺からだった。

Cimg9455

あの梵鐘と言うものの由来を浅学にして知らない。

しかし銅鐸とどこかでつながっているような気がしている。

Cimg9504

古から受け継がれた音なんだろう。

それにしても、この鐘の音のもたらす奥深さは何なのか。

Cimg9457

これでお前の一年も終わりだと、納得させられるような響きだ。

今年も思うがままに動き回ってきた。

あちこちのウルトラマラソンにも出掛けたし、仕事やボランティアにも取り組んだ。

Cimg9458

新たな出会いも、そして幾つかの別れもあった。

年々歳々、そうやって月日は流れていく。

だがその2012年が、今日で最後だということがやや信じ難くもある。

Cimg9459

そうした未練に、きれいさっぱり引導を渡すのが除夜の鐘なのかもしれない。

人間には108の煩悩があると言う。

煩悩とは未練でもあり人の生臭さ、そしてある意味では活力かも知れない。

Cimg9460

所詮人間の一生など、星の瞬きの程でしかあるまい。

振り返れば、あれこれと人に気を遣い、言うことも言わずにずぅ~と過ごしてきた。

それはそれで悔いても仕方ないが、それは一つの処世だったと思う。

Cimg9461

しかし人がどう思うかなどと、もう逡巡していても詮無い。

残された人生は、生きたいように生きても良かろうと思っている。

しかして明日からは、真っ新なページを開き我が道を進もうと思う。

|

« 人生は四毛作 | トップページ | 新たな時の誕生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 一年間お疲れ様でした。
素晴らしい一年間だったとお察しいたします。
 私も見習いたいと来年に夢見たいと思います。
 ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2012年12月31日 (月) 22時03分

こんばんわ
九分九厘毎日朝飯前に訪問させて頂きました。
時には、辞典を開き、地図をたどったりと
楽しまさせてくれました。
この先も訪問いたします。
この一年間ありがとうございました。

投稿: かじやけん | 2012年12月31日 (月) 23時24分

今年もランにブログにと楽しませていただきました。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: かわい | 2012年12月31日 (月) 23時39分

ひろさん、昨年も沢山のずしんと来るようなコメントを頂きました。こまめと言うか、その時々の素直な気持ちが伝わってきました。
ありがとう、そして今年も、楽しい一年にしましょう。
 それから相棒のABちゃんとも仲良くね。


 けんちゃん、毎早朝一番にブログを開いていただきましたね。お付き合い戴き、有難うございます。
 膝の調子が良くなって、今年は是非、一緒に走りたいですね。!!


 かわいさん、昨年は初100kをクリアーしたし、愉快な愛知県の仲間といつも楽しげですね。
 人生は、楽しんで冒険しなきゃいけません。それで、今年も色々とお世話になりますよ。
               山草人

投稿: 山草人 | 2013年1月 1日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡々と:

« 人生は四毛作 | トップページ | 新たな時の誕生 »