« 風に向かって | トップページ | いよいよキムチ »

2012年12月24日 (月)

人生のきっかけ

人の一生には、何度か転機となる決断があるらしい。

私にもそんな節目があったのかも知れない。

Cimg9094

だけど、際立った節目ではないけど、自分を今日に導いてくれた行動がある。

今日の私の原点となっている事が二つある。

Cimg9344

一つは二十数年前、ふとした切っ掛けで走り始めたことだ。

運動などからっきし苦手な男が、少しずつ走ることを始めた。

Cimg9412

やがて10kの大会に出て、何時の間にかフルやウルトラを走るようになった。

走る仲間の輪が広がって、自分の中に新しい世界が開けてくる。

Cimg9427

それは結構に楽しい事象なんだけど、もっと変わったのは私の内面だった。

引っ込み思案が転じて、新しい挑戦を次々とこなす様になる。

Cimg8608

要するに、走ることと走る仲間が私を後押ししてくれた。

そうして幾つもの壁を乗り越えてきた。

もちろん自分の体力への自信も、かつてなく自覚できるようになった。

Cimg9469

転機と言うよりも、私の人生航路の一つのきっかけである。

もう一つは、定年退職してから毎朝街頭に立つことを始めたことだ。

ほんの30分の些細なことだけど、これが私の元気の源になった。

Cimg9470

大きな声で「お早う。行ってらっしゃい!」と繰り返す。

子供達に語りかけているんだけど、実は自分の元気の充填にもなる。

それが契機でやがて自治会の役員をやることになり、今日に至っている。

Cimg9500

数多くの子供達の顔を覚え、連合会でも各地の皆さんとの知遇を得た。

これが防犯や防災、教育などに係る切っ掛けになっていく。

継続は力と言うけれど、この些細な二つのことが私のベースになっていた。

Cimg9513

改めて思へば、人生の不思議と言うべきか。

誰が何と言おうと、付け焼刃じゃ真似は出来ないと思う。

|

« 風に向かって | トップページ | いよいよキムチ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じスポーツを楽しむ道を選ぶのも人それぞれですね兄貴。
私も仕事に残業ばかりしてる30代でしたが、バブル崩壊後、定時に帰る事の出来ない私は毎夜本屋通いの日々を過ごしました。
本屋で三時間の立ち読みです。
買うことのない本屋の奥様に、今夜は何を勉強してるの?と問われたものです。
流石に心の病気になりました。
その時助けを求めたのが大学時代の親友した。
スポーツの世界へ誘われました。
私もそれからスポーツの世界へ入りました。
テニス・バドミントン・ランニング・スイミング・自転車・トライアスロン。
決してスポーツは得意ではありません。
コンプレックスの壁を破る楽しさを知りました。
レベルは違いますが、兄貴を尊敬してます。
一番に成らなくても良いから頑張る事が大切だと口癖だった父親がたまらなく好きてす。
人生の転機、我なく受け入れるで全て人は師となるのでしょうね。
嫉妬心ではなく憧れが人生を綺麗に変化させる事。父親から学んだ大切な事です。
これからもそんな自分でいたいてす。
これからも、ご指南下さい。

投稿: ひろ | 2012年12月25日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生のきっかけ:

« 風に向かって | トップページ | いよいよキムチ »