« 公益とエゴ | トップページ | 雑種の強み »

2013年1月 9日 (水)

脚下照顧

常日頃から、外見には気を使わないし頓着しない。

と言うよりも、貧乏人に相応しい格好を常としてきた。

Dscf5521

10年程前のことだが、「靴は、人を現す」と知って、

一念発起清水の舞台から飛び降りるつもりで、通勤快足の4倍ほどする靴を買った。

確かに履き心地も良いし、それに何よりピカピカと気分が良い。

Dscf5522

貧乏人が分不相応な靴を履いたせいか、何故かうきうきと自信を持って歩ける。

かてて加えて、この靴の寿命がかなり長くって、大いに得をした気分になった。

だが、定年退職と同時にもう通勤靴に凝ることはあるまいと思い定めて、

Dscf5523

今は元の安い靴に戻っている。

その代わり、靴への投資はランシューに移った。

ランニングは距離の長短でも履き替えるし、何よりレースはファッションも大切なんだ。

Dscf5524

ここはやはり、これと言うレースにはニューを履いて臨む。

殊に100kmウルトラでは10万回以上地を跳ねるんだから、金に糸目は付けない。

糸目??と言っても、数千円の差だけど・・・・

Dscf5520

と言う訳で、靴棚は何時の間にかランニングシューズで一杯になった。

その代わり日常の履物はと言うと、お粗末な限りである。

安物のスニーカーとベトナム製の草履だ。

Cimg9582

山に出かける際常用しているこの草履は、もう15年も履いている。

惜しげが無いし、濡れても一向に困らないからだ。

口さがない仲間からは、「ゴミ捨てに落ちてる草履の方が、よほど良い」などと言われる。

Cimg9530

だが、15年も慣れ親しんだ愛着の履物である。

容易に浮気など出来ようか!!

ともあれ歳相応に、少しは格好にも気を付けないと嫌われるかな~。

|

« 公益とエゴ | トップページ | 雑種の強み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地域社会でご活躍されている山草人さんの姿からは想像もできないくらい、山での貧相な格好は山の仲間皆しっていますよ。(^。^)

穴の空いた靴下、ヨレヨレのパンツとシャツ、これって気にしていないんだよね。やはり、どこでもオシャレにに気を使わないと老けてしまいますよ。

ご多忙の毎日、山を走って、その足で講演会に出かける姿の中はヨレヨレのパンツのことは誰も知らないでしょう。

なんといっても、スーツ姿はカッコイイからね。

投稿: みのむし | 2013年1月 9日 (水) 20時02分

そうなんですか!?私一度だけ山草人様のスーツ姿拝見しましたが、ほんと格好良くて惚れ惚れしましたよ(^-^)

投稿: よっぴー | 2013年1月10日 (木) 20時35分

 おやおや、「自分が思うほど人は関心なし」って言うけど、意外に肝心なとこは見られているんだね~。
 これから少し、気を付けましょう。

                山草人

投稿: 山草人 | 2013年1月11日 (金) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脚下照顧:

« 公益とエゴ | トップページ | 雑種の強み »