« 時代の予兆 | トップページ | 易きを排す »

2013年1月25日 (金)

存在の価値

定年退職からもう五年になる。

多くの人が勤め(仕事)こそが生き甲斐と思ってきた。

Dscf5353

それが無くなって、人によっては思いっきり老け込んでしまった方もいる。

社会的な係わりを持たずに自己閉塞した人は、大抵そうなるようだ。

人は人によって生かされる。

Dscf5358

逆に言うと、人は他の人に認められたくって動いている。

子供の頃、誰かに褒められた記憶がないだろうか。

その誰かとは、先生だったり叔母さんだったり、見も知らない人だったかも知れない。

Dscf5368

褒められたことで、自分の存在価値を意識しなかったろうか。

職場だって同じこと。

自分を認めてくれる上司のためには、結構無理をしてしまう。

Dscf5370

それに「○×さんが君のこと褒めてたよ」と伝え聞くだけで、○×に好意を抱いた。

それが異性だったりしたら、殊更に発奮してしまう。

ところで定年後である。

Dscf5372

定年後は、過去のキャリアなど何の価値も持たない。

勿論、TVの前の産業廃棄物と化していたんじゃ言わずもがなだ。

自分の価値は自分で創りださねばならない。

Dscf5480

どんな小さなことでも、自分がこの世の役に立っていると言う自覚こそ大切だ。

その価値をどれだけ創れるか否かが、人生後半の勝負だと思うのだ。

Cimg9580

そんな訳で、毎朝街頭に立って「お早う! 行ってらっしゃい!」と大声を出している。

このところの寒さは、そんな私への快い試練でもある。

|

« 時代の予兆 | トップページ | 易きを排す »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 『人の為』って言葉が、ホント嫌いなんですが、よく考えて見ると人の為に成ったことがとても喜びに思えたりしますが・・。
 自分の命を人の求めるものに使い、互いに感謝し合える社会や関係は生きる力なのでしょうね。
 また私、他社が断った無理難題の仕事を簡単に引き受けてしまいました。
 担当者に『頑張ります、でも出来ないかもね。』引き受けてからの捨て台詞・・・。。
 心の中は、『ちゃんと笑顔にしてあげるよ。心配して見てな・・』
 そして段取りの悪さを反省しろ!
 お陰で明日も来週も忙しい。(笑)
 

投稿: ひろ | 2013年1月25日 (金) 23時44分

 そうそう、ひろさん!!そうやって生きるべきだね。それに無理難題もお茶の子さいさいとは、流石ひろさんだな~。

 さて、一度にたくさんの本音をコメントして頂いたんで…

 少子化は、私達自身が将来を無意識に予知している結果の自己防衛かも知れませんね。
だけど、ハングリーだって、楽しくやる方法はある筈ですよね。かつては、皆ず~っと貧しかったんだから。

 今夜、ブータンの話を聞きに行ってきます。でも、ブータンはブータンでなきゃできない幸せ追求なんでしょうね。
 この日本では、物は豊かになったけど、結局利己主義しか育てられなかったんだな。誰もが勝手放題の云いたい放題で、あの鳩山元総理なんて典型的だね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2013年1月26日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 存在の価値:

« 時代の予兆 | トップページ | 易きを排す »