« 地域社会の近未来 | トップページ | されどコロツケ »

2013年1月30日 (水)

歳と共に

私の母親は、今年で88歳になる。

戦中戦後を生きて、銃後を守り過酷な農業労働にも耐えつつ3人の子を育てた。

Dscf5557

米寿を迎えても矍鑠としていて、私の農作業の手伝いやらグランドゴルフに忙しい。

新聞二紙に毎日目を通し、政策通ですらある。

まことに負けず嫌いな女性で、私は彼女に尻を叩かれて大きくなった。

Dscf5558

今でも毎日、自分のやることを探して歩いている。

当然ながら、私はこの母親の影響を濃厚に受け継いでいる。

その私も既に60代半ばで、季節で言えば秋もそろそろ晩れかかる頃合だろうか。Dscf5559

花を咲かせるのは無理にしても、果実は未だかなり残っている。

否、収穫はこれからだと思っている節もある。

やがて木枯らしが吹き始めて葉を散らせることになるとしても、Dscf5560

まだまだ凛として樹様を保っている・・・と思っている。

先日の校内マラソンで「陸上部の生徒が、私のランに感激していた」と聞かされた。Dscf5561

まあ~お世辞だろうが、まだまだ辛うじて勢いは残っている。

だけど最近では、どうも物事を後送りするようになった。

ぐずぐずと締切ぎりぎりまで決断を伸ばして、誠に歯切れが悪くなった。Dscf5562

英会話だって、覚えた筈の単語が中々思い出せない。

だけど、ジッとしていることは出来ない。

毎日朝から晩まで、あくせくと忙しく動き回っている。

Dscf5595

年寄りの分別など、この高齢成熟社会では悪弊でしかないと思っている。

熟年者が気張らなかったら、この世は闇になるとすら感じてる。

Dscf5603

ともあれ、歳と共にやらなきゃならないことがある。

多分私も、死ぬまで老人らしくはなれないだろう。

Dscf5633

老人とは、歳をとって何もすることの無い状態を言うのだから。

|

« 地域社会の近未来 | トップページ | されどコロツケ »

人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歳と共に:

« 地域社会の近未来 | トップページ | されどコロツケ »