« あ~ぁ 自治会 | トップページ | 落丁 »

2013年2月19日 (火)

やがて春

昨日来、冷たい雨が降っている。

買っておいた種馬鈴薯の箱を開けると、5cmもの芽が林立していた。

Cimg9825

それでこの数日、慌てて畑を耕し種芋を伏せたところだ。

昨日来の冷たい雨も慈雨。

Cimg9824

ホッとすると同時に、早くも芽生えを待つ気になっている。

馬鈴薯の芽は、桜の咲く頃に出るのが良いと言う。

Cimg9826

霜を嫌うからだが、桜の今年の開花予想は3月20日頃からとのこと。

それよりも、かなり早く芽を出すかもしれない。

Cimg9832

ともあれ、梅の開花が始まり、カンザクラは既に満開だと言う。

それに我が家のカワズザクラも、咲きたくってウズウズしているように見える。

Cimg9829

良く見ると数輪が咲いて冷たい雨に濡れていた。

日長も冬至から既に一時間半は長くなっている。

Cimg9828

春は、もうそこまで来ているのだ。

ところで、何故か歳と共により一層春が待ち遠しくなったような気がする。

Cimg9827

子供達が頬を赤らめて西風に向かって登校するのも好きだ。

寒さが殊更嫌いな訳じゃない。

Cimg9831

凛とした寒さの中を疾走するのも爽快だ。

それでもなお、あの桜の咲き誇る頃の開放感は楽しい。

Cimg9580

いずれ人は死ぬ。

咲き誇る桜は、その死を予感させるのだと言う。

Cimg9564

自分の生きていることの意義を、桜は毎年毎年その人の心に問い掛けるからだろうか。

いずれにしても、もうすぐ桜が咲く。

Cimg9830

自分は、次の世代の種芋と成り得ているのかどうか、

自分が何の役に立てているのか、改めて花と向き合おうと思っている。

|

« あ~ぁ 自治会 | トップページ | 落丁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やがて春:

« あ~ぁ 自治会 | トップページ | 落丁 »