« 廃梅園 | トップページ | 希望と言う名の・・ »

2013年2月15日 (金)

私の走り道

この20年間、随分色んな所を走ってきた。

山中のそま道や歴史の古道、海沿いや島の道、そして街道などだ。

Cimg9795

それは100kmマラソンであり、マラニック〔マラソン+ピクニック〕だった。

殊に、道はまだ見ぬ処女道がいい。

Cimg9793

進めば進む度に新しい景色が広がってくる。

馬頭観音や句碑を見付けたり、小さな滝やセセラギ、大木や大岩との遭遇も印象的だ。

Cimg9743

特に古道や街道には歴史の出来事が浸み込んでいる。

伊賀を走れば、荒木叉右衛門や柳生十兵衛が忽然と現れるような気がする。

Cimg9734

姫街道を辿りながら、一里塚に難儀の多かった江戸期の旅を思うし、

丹後なら明智光秀の攻略戦、細川ガラシャや常盤御前の数奇な運命を考える。

Cimg9731

宮古島を巡れば、キビの葉揺れる南国情緒と青い海を満喫させてくれる。

隠岐島では、江戸期の日本海航路と島の暮らし、島人の温かさに触れ合える。

Cimg9723

私の道は、車や電車ではなくって、自分の足で味わう道だ。

その道すがら、90歳にもなろうかと言う老婆に「頑張れ!」と励まされたり、

Cimg9722

村ぐるみの歓迎に出会ったりもする。

定年後、全国縦断の走り旅に出た人のニュースに接したりすると、我もと気持ちが動く。

Cimg9721

しかし、数か月間もそこに全てを集中させるのは至難の業だ。

でもまあ、人生の旅路には飛行機も車も無いんだからと慰めている。

Cimg9719

そうさ、人生も一歩一歩の旅だからね。

|

« 廃梅園 | トップページ | 希望と言う名の・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

5月の
日本最西端の与那国島と最南端の波照間島一周エンジョイマラニックはきっとすばらしい走り道になると思う。

投稿: ヒロボー | 2013年2月16日 (土) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の走り道:

« 廃梅園 | トップページ | 希望と言う名の・・ »