« 余所行き | トップページ | 人のなかみ »

2013年2月26日 (火)

ちょっと嬉し

小学生から絵手紙が届いた。

「寒い日も、毎日見守ってくれてありがとう。

Cimg9902

ちょっと休めばと思います。風邪をひかないでください。」とある。

今朝もグッと冷えたけど、風はない。

Cimg9891

子供達を見送ってから、小笠山に向かう。

山は風が無ければ静かで、むしろ温かい。

Cimg9889

そのウバメガシのそま道を、淡々と走っていく。

すると樫の木の根元が石で埋められている。

Cimg9892

誰かが、走り良かろうと工作したんだろう。

皆が思い思いに、このランニングコースを大切にしているんだ。

Cimg9893

コースの中ほどにある梅の木が、やっと花を咲かせている。

もうかれこれ一か月、この梅を木を未だかまだかと見上げてきた。

この山にもやっと春が来る、そんな思いである。

Cimg9898

厳しい冷え込みの続いた今冬だが、平均気温が5度を超えると草木が動き出す。

既にこの春前線は、半月前に通過している。

Cimg9899

適度な雨もあって、田畑は雑草で緑かがり始めている。

あと20日余りでコブシが咲き、ブドウも芽吹くだろう。

そのブドウには、たっぷりの堆肥を施し終えた。

Cimg9900

あっ、我が家のカワヅザクラだけど、未だグッと開花をこらえているぞッ。

その開花エネルギーを貯め込んだ蕾は、今にも爆発しそうだ。

|

« 余所行き | トップページ | 人のなかみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地域社会にあってはリーダーとして先頭に立って活躍されており、
反面、日々子供達の安全を守る地道な活動されている山草人さんの生き方に感動します。
子供達からの感謝の気持ち、さぞかしうれしいことでしょう。
「チョットうれしい」は控えめではないですか(^_^;)

その足で小笠山を駆け巡る体力はホント見習わなければいけませんね。

山草人さんの生き方には到底及びませんが、今年の野辺山の目標は時間内完走すること、そして、山草人さんに大差をつけてゴールすること、これを目標にガンバリマス。

若さで勝負するしかないもんね。

投稿: みのむし | 2013年2月26日 (火) 20時09分

五月雨式に、次々と絵手紙が沢山届いてね。嬉しくないと言えば嘘になりますね。

 だって、毎朝街頭に立つようになって4年になります。子供達とも、随分仲良くなってね、最初の頃の小学4年生が、今は中学だ。

 時の経つのは早いもので、止まっているのはどうも我々年配者だけだな。子供達は、すごいスピードで成長している。

 この子たちが大人になって、そのうちの何人かが、私の後を継いでくれるかもしれない。そんな遠い未来を夢想してるんです。
                山草人

投稿: 山草人 | 2013年2月28日 (木) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと嬉し:

« 余所行き | トップページ | 人のなかみ »