« 春待つ里山の一時 | トップページ | 時の道 »

2013年2月10日 (日)

清水いいとこマラ

今日は、清水の素晴らしい所をすべて回るマラニックです。

清水駅に集まったのは、股旅姿の9人を含め55人。

Cimg9713

白いドレスを装った富士山が皆を見下ろしている。

Cimg9710

このコースは清水駅前をスタートして、

清水港~エスパルスプラザから次郎長通りへ。

Cimg9725

次郎長の生家を過ぎると、

今度はエスパルススタジアムの脇を日本平に登っていきます。

Cimg9729

有度山は標高308mだけど、ここからの清水港越の富士がまた絶景なのだ。

日本平からはロープウエイで久能山に渡ります。

Cimg9739

とは言え、国宝指定以来ロープウエイは満員続きで、

ここで30分程寒さに震えて待たされた。

Cimg9744

東照宮から石段を駆け下って石垣イチゴの広がる三保街道へ。

今度は駿河湾を右に見て三保に向かう。

Cimg9748

静かな駿河湾の広がりの先には伊豆半島、その先には富士山が見える。

Cimg9751

その海岸をずぅ~っと三保半島の突端まで進む。

Cimg9754

その三保の松原の茶屋で昼食の小休止だ。

Cimg9755

もちろん、松原を眺めながらのおでんにビールである。

Cimg9757

マラニックはさらに続いて、三保半島をグルッと回って清水港の内側へ。

Cimg9760

三保電鉄の線路跡を辿って清水に向かう。

途中に鉄舟寺があって、そこがチェックポイントでもある。

Cimg9765

この寺は元々は久能山東照宮の位置にあった寺だ。

Cimg9768

今川義元が駿府に進出した折、城にすると言うんで移転させられた。

Cimg9773

荒れ果てていたこの寺を再建したのが、維新直後の山岡鉄舟だった。

Cimg9775

鉄舟は江戸城明け渡しでも西郷と駿府で渡り合っている。

Cimg9777

ともあれ鉄舟寺を過ぎれば草薙の湯まで4km余である。

因みに草薙とは、日本武尊が東征の折火攻めを剣で払って難を逃れたと言う地だ。

Cimg9778

ゆっくりとその湯に浸かって、仲間とワイワイと歓談する。

要するに、楽しいこと一杯のマラニックなのだ。

Cimg9779

かくして、今日も一日楽しむことが出来た。

みなさん、有難う。

Cimg9780

|

« 春待つ里山の一時 | トップページ | 時の道 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いやー!楽しかったです。
仲間と走り、だべり、入浴後のビールと。
これで青空、雪を頂いた富士山。
贅沢な時を共に過ごすことの幸せをしみじみと感じました。

ありがとうございました。

投稿: かわい | 2013年2月10日 (日) 20時39分

兄貴1日ありがとうございます。
雪をまとった素晴らしい富士山。
楽しい仲間の皆さんとのマラニック。
この空気感が素晴らしい。
新しい仲間も出来ました。
そして『いいとこマラニックの名に恥じない』素晴らしいコースも最高。
沢山の仲間が、旅姿に賛同してくれて、これもまた楽しい。
皆さんありがとうございました。
ヒロボーさん最高ですね。
沢山の笑顔、笑顔。ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2013年2月10日 (日) 21時36分

文中に「三保電鉄」とあるのは、国鉄清水港線ではないでしょうか。

投稿: やま | 2013年2月10日 (日) 23時08分

 かわいさん、色々と有難う。豊橋の皆さんは何時も仲が良くて素敵ですね。

 帰りの車の中もさぞかし賑やかだったのでは、・・・心配はNさんの風邪だな。


 ひろさんのお陰で、股旅がどんどん増えますね。
 今回はヨッチャンと2ショットで車窓から何度も写真を撮られました。私達を見付けると、同乗の皆さんの顔が笑顔になって、随分沢山の人達に笑顔を振りまきましたね。


 「やま」さん、ご指摘の通り「清水港線」でした。
             山草人

投稿: 山草人 | 2013年2月11日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水いいとこマラ:

« 春待つ里山の一時 | トップページ | 時の道 »