« 旅立ちの日に | トップページ | 春の野道 »

2013年3月19日 (火)

潮騒きこゆる学び舎

大勢の父兄や来賓の中を、

精一杯着飾った153人の卒業生が入場してくる。

Cimg0088

幼顔の男の子、少し大人びつつある女の子も少し緊張が伝わってくる。

毎朝元気で挨拶するあの子達もいる。

Cimg0093

そう・・、今日は地元の小学校の卒業式である。

一人ずつに卒業証書が手渡され、祝辞が続いた後、

Cimg0090

私も来賓として紹介され、

思わず大きな声で「みんな!  おめでとう!!」と叫んでいた。

Cimg0094

私にすりゃ、毎日見守ってきた子供達の一生に一度のハレの日なんだ。

子供達のオペレッタ風の旅立ちの言葉が続いていく。

Cimg0095

6年間の思い出から、これからへの不安と希望がつづられていく。

そして何曲かの合唱で式はクライマックスを迎える。

Cimg0097

いよいよ、新しいステージへの飛翔の時である。

5年生全員に見送られて、学舎を巣立っていく子供達。Cimg0096

4月からは、この子らは中学のあの学生服を着て自転車で通学するんだ。

多分、毎朝「お早うっ」と声を掛けあうことになるだろう。

Cimg0087

|

« 旅立ちの日に | トップページ | 春の野道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小学校の学び舎を出たのは遥か昔ですが、
お世話になりし先生方、さらには好きだった保育園の先生さえも覚えてますよ。

文房具屋のおばちゃんも世話に成りました。
皆地域に育てられた。
誉められた、叱られた。

今我が子の元気に喜びを感じるこの頃ですが、
それ以上に、私達大人が元気な笑顔でないとイケないと感じます。

先日、卒業と就職決定の報告をメールして来た。
よっぴーさんのお孫さんだけでなく。
子供会役員った頃の子供が私に『仕事頑張ってます。』とメールをくれます。
兄貴のこのブログにもそんな学生が、いつか現れますね。
子供達は将来を築き、希望を繋ぐ家庭や地域や国の宝ですね。
頑張れ子供。。

投稿: ひろ | 2013年3月19日 (火) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潮騒きこゆる学び舎:

« 旅立ちの日に | トップページ | 春の野道 »