« やなひめ | トップページ | ひかげつつじ »

2013年3月31日 (日)

姫街道を走る

浜名湖の北岸を通る姫街道は、豊川の御油で東海道から分岐する。

その御油から県境の本坂峠・大里峠などの山道を越えて

Cimg0256

気賀宿の細江まで35km、

それが今日のマラニックのコースである。

Cimg0258

丁度午前9時、バイパスで遮られた街道をたどりつつスタートする。

Cimg0265

マラニックだから近くに名所ありとなれば寄り道する。

Cimg0266

御油は豊川市国府町にあって、国府町はその名の通り国府のあった所だ。

その国府町に国分尼寺の一部が復元されている。

Cimg0269

先ずはそれを見ていこうと言うことで、少々の遠回りをする。

Cimg0272

国分寺は仏教によって国を治めようと国策で全国に配置された国立寺院であった。

ともかくその尼寺跡からの出土品などを眺め、

Cimg0279

今度は町外れの旧道沿いの満開の桜並木を走る。

極めて気持ちも浮き浮きとしていたのだが、この辺から雨が降り出した。

Cimg0280

天気予報を信じて軽装な人が多く、結果的にかなりこの雨に悩まされた。

だが、道程はまだ始まったばかりで、雨の中を本坂峠への山道に取り付く。

Cimg0281

道の縁に「姫街道」の表示はあるものの、まさに獣道である。

「姫」なのか「秘め」なのかと訝りながらの登坂である。

Cimg0283

ともかくも本坂峠を超えて弘法堂に着いたのは13時であった。

そこにはIさんがケンチン汁を温めて待っていてくれた。

Cimg0285

冷たくなった手をこすりながら、胃の腑を満たし更に三ヶ日方面に向かう。

幾つかの一里塚を越え、濡れた石畳に足を取られながらの難路である。

Cimg0288

豊橋マラソンのハーフを走り終えたKいさんとウッチャンも駆けつけて、

Cimg0290

心温まるエイドをしてくださった。

Cimg0291

そんなこんなで、ゴールの細江神社への到着は15時58分だった。

Cimg0294

35kmを7時間で走ったことになるが、難路が多くかなり厳しいコースだ。

ともあれその後は、国民宿舎の風呂に浸かってくつろいだのは勿論である。

Cimg0296

|

« やなひめ | トップページ | ひかげつつじ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

楽しい一日ありがとうございます。

姫街道は
何度走っても素晴らしい!
峠越えがあって厳しいが変化に富で・・・素晴らしい歴史街道です。
みんな楽しんでくれました。

制限時間の2分前にゴール
みなさんのおかげです。

投稿: ヒロボー | 2013年4月 1日 (月) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫街道を走る:

« やなひめ | トップページ | ひかげつつじ »