« 偲びて思う | トップページ | 皐月を前に »

2013年4月29日 (月)

今昔に思い

連日の法事で、今日は母方の叔母の御年忌である。

子供の頃、母に連れられて歩いたあの道をと・・自転車で出向いた。

Dscf5729

広かった往還も、今では車一台がやっとの道である。

それでも代掻きの始まった水田には、レンゲや麦も一部に残っていて、

薫風に身を任せつつ田舎道を辿った。

だが、途中の集落で明らかに迷ってしまった。

Dscf5730

間違うはずもない道と思っていたのだが、道路も風景すらも一変していた。

あの盆・正月のお泊りは、母の気持ちの影響もあったのかとにかく嬉しかった。

そして、従妹同士で村中を駆け回って遊んだいにしえを思いつつ、

そんな筈はないのだがと、何度か目をこすったのだが分からない。

Dscf5731

それで、とうとう人に家を尋ねる事になってしまった。

ともあれ法事である。

昔の5~6歳のガキが、今ではおしなべて60代の顔を並べている。

その後の生き方だって当然それぞれで、子供の頃の浮き立つものは既にない。

Dscf5733

正に、60年も一炊の夢である。

人は自分を基準に時を計っているから、常には時の経過を分別していない。

しかしタイムスリップした景色を目の前に、浦島太郎もかくやと思わざるを得ない。

今日の祝日は、昭和の日である。

Dscf5732

平成も既に25年、昭和もいよいよ遠くなっていく。

はてさて、あなたは今日をちゃんと生きてますか?

|

« 偲びて思う | トップページ | 皐月を前に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今昔に思い:

« 偲びて思う | トップページ | 皐月を前に »