« 人生の途上で | トップページ | 元気の源泉 »

2013年4月25日 (木)

花咲く時

朝晩のほんの少しの時間でも、葡萄のハウスでの作業に忙しい。

早生の葡萄は、既に花を咲かせているし、作業が大幅に遅れているからだ。

Dscf5702

その葡萄棚の下にグランドゴルフの用具一式が置かれている。

グランドに近いことから、老人会の人達から預かっているのだ。

今朝その近くで「花房整理」をしていると、Dscf5700

「ほぉ~う、大分成っているな~」と言って何人かがハウスに入ってきた。

どうやら彼らは、花房を葡萄の粒と勘違いしているらしい。

実は大粒の葡萄を作る場合には、花房の大部分を削除してしまう。Dscf5701

20cmの房だとしても残すのは3~5cm程でしかない。

この残した蕾の部分を大きく育てるのが葡萄作りだ。

それで花房整理の際、上の部分に2本の目印を残す。Dscf5703

種無化と果粒肥大のためにジベレリン浸漬を2度するんで、その印にするんだ。

ともあれ、作業は限りなくあって遅々として進まない。

ところで、梅や桜は春の先駆けで大いに注目を集めるのだが、やがて花は当たり前になる。Dscf5704_2

だがどんな小さな草だって、何時か花を咲かせる。

只それが目立たないだけで、葡萄だって目立たない一個の花が一粒の実になるのだ。

同じ様に人も、それぞれの華を持っている。Dscf5705

目立つ人もあるし気付かれない人だっている。

人それぞれ、その華を大切に咲かせりゃ良いんだ。

|

« 人生の途上で | トップページ | 元気の源泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花咲く時:

« 人生の途上で | トップページ | 元気の源泉 »