« おもろう | トップページ | 夕日を追いかける »

2013年5月 9日 (木)

マラニックと友と

遊びの極め付きの様な南の島のマラニックは終わった。

マラニックとは、マラソン+ピクニックである。

Dscf7070

あちこちに自分の足で掛けて行って、見聞し触れ合い、そして仲間の輪を広げる。

Dscf7071

走路は、山であったり離島だったり、はたまた歴史の古道だったりもする。

Dscf7074

時に史跡を訪ね、山の中では「こんな所を昔の人は・・・」と感慨にふけったりする。

共に汗をかき走る仲間は、忽ちにして十年来の知己になる。

Dscf7088

そうして、私の走る仲間は全国に広がった。

Dscf7089

今回の最西端・最南端の島を走る旅でも、素晴らしい仲間と知り合った。

Dscf7091

それに与那国の駆けっこクラブや走ろう会の人達、波照間の中底さんに出会った。

走る仲間は、どうしてこんなに気が合うのだろうと不思議だ。

Dscf7099

マラニックの道すがら、お互いに持てる知識を披歴する。

Dscf7115

時に走る歴史だったり、食べ物や日頃の職場での話だったりもする。

Dscf7118

興が乗れば、カヌーにも馬にも乗る。

その土地の人と偶然触れ合えることだってある。

Dscf7131

みんなドラマチックだし、興味は様々な世界に広がっていく。

Dscf7137

殊に感動は一人よりも仲間と一緒が何よりだ。

Dscf7149

一つの岩を眺めたって、人はそれぞれ見方が違うんだ。

Dscf7152

時に飲んで食べて語って、愉快な仲間の輪が創られる。

Dscf7153

マラニックは、マラソン競技とは違って、決して過激ではない。

自分のペースで仲間を労わりながら走る。

Dscf7167

そのことで、新たな触れ合いが始まるのだ。

Dscf7171

私の交友は、マラソンよりもマラニックでより広がった。

Dscf7194

人と人が心開くとき、そこには笑顔が広がる。

|

« おもろう | トップページ | 夕日を追いかける »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

同感、同感です。
ひろぼーさんのマラニックに参加してからラン友が一挙に広がり世界も広がりました。
失礼も顧みず諸先輩もラン友として尊敬しつつカウントさせて頂きました。

投稿: かわい | 2013年5月 9日 (木) 20時30分

 八重山諸島でも随分お世話になりました。それぞれの個性がハーモニーして、人生の一時を大いに謳歌できました。

 かわいさん始め、皆さんに感謝しなければなりません。勿論、ひろぼーさんは特別ですね。
              山草人

投稿: 山草人 | 2013年5月10日 (金) 08時55分

 兄貴をはじめ皆さん、お疲れ様でした。

 写真の皆さんの笑顔、笑顔、笑顔、楽しいマラニックの様子を感じました。

 南の素晴らしい景色、綺麗で暖かい海。
心温まる島民の方々との出会い。
 
 素晴らしい旅でしたね。

 帰られて寒暖の激しい本州の五月にびっくりされた事でしょう。

 また、お話を聞かせて下さい。

      ・・・・・ひろ

投稿: ひろ | 2013年5月10日 (金) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラニックと友と:

« おもろう | トップページ | 夕日を追いかける »