« 何んで、走るの ? | トップページ | 人生の素顔 »

2013年5月30日 (木)

田舎なれど

未だ五月なのに、空はすっかり梅雨である。

その晴れ間に保育園児のためのサツマイモの畝を作った。

Dscf7383

堆肥と化成肥料を施して、息を切らせて鍬で耕していく。

急いての作業も梅雨の到来が早くなったためだ。

どうも今年の季節は、春先から前倒しで進んでいるようである。

ともあれ作業しながら、往時茫々とした思いになった。

Dscf7382

昔の農作業は、三本鍬一本でその多くを人間の肉体労働に依存していた。

田畑だって今日のように整然と升目になっているはずも無く、

道も畔も、えも言われぬ曲線で繋がっていた。

その畦道で遊んだのは何歳までだったか、

Dscf7381

やがてトロッコの線路が作られて耕地整理が始まった。

田も堀もひっくり返して整然と作りかえられていった。

村中が「換地」で大騒ぎになっていた。

みんな我田引水で自分の田が最高だと思っていたのに、他所に移れと言う。

Dscf7380

すわ死活問題とばかりに、両親も毎日その話をしていた。

今は当時の耕地整理のお陰で随分と耕作も人々の移動も便利になった。

だがどうだろう、あのトンデモナイ田舎らしさは消えてなくなった。

その後の近代農法の農薬の故にドジョッコもフナッコもいなくなった。

Dscf7379

子供の頃、親父の煙草を溶かしてウナギを捕まえたあの場所も今は無い。

あれほど固執した田圃だって、今じゃ数百ヘクタールを数人で管理している。

田舎は田舎なりに精一杯の変貌を遂げてきたのだ。

Dscf7327

そこに新たなTPPの試練が始まろうとしている。

ヘッジが無ければ、この数百ヘクタールの稲門も広大な荒れ地に変わるだろう。

田舎は管理されていてこそ美しい田舎でありうる。

Dscf7283

「国が栄えて山河なし」で本当に良いんだろうか。

田舎は、本当にこの国のお荷物なんだろうか?

|

« 何んで、走るの ? | トップページ | 人生の素顔 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 兄貴、TPPは自由と言う名の不平等条約ですかね~。
 我社は、取引先に自動車関係とJAの選果(花)(お茶)(肉)があります。
 既に競争力の高いものは良いでしょう。

 かつて豊田佐吉にしても中国に織物工場を立ています。
 でもその豊田紡織は、今は車を作っていますね~。
 100件近く有った特許にしても織物機です。
 二代目が、車屋を始め、三代目は、家造りを始めた。二代目の喜一郎さんは、我が家近くの親戚の年忌には、『農機具の時代がくる』と話していたと聞きます。

 実際農機具生産は、されたと聞いています。
 国を豊かにすると信じての起業家佐吉の血を引く四代目は、日本をどう変えるのでしょう?
ところで、アメリカは日本の農業へどの様にプローチするでしょうか?
ベトナム辺りに米を作らせ日本へ入れる戦略とかも噂が有ります。
 ベトナム人は、勤勉です。良い米を二毛作して来るでしょうね。
 量規制を掛けないと・・。
 
 トヨタ式やかつての造船・鉄鋼・炭鉱産業は、別の産業へと変化して生き残った。

 これを農業に適用したらどうなるのでしょうね。

 また、アメリカのTPP戦略は、保険や医療に第一目的が有る様です。
 日本の個人資産を狙ってますね。

 TPP参加交渉の誘い出しは、現代に於ける『ハルノート』と言えそうですね。

 国民の生活を守る為に、競争(戦場)に引き出そうとしている様にも思えて来ました。

 少し前までは、賛成派でしたが・・・。
とてつもない大きな変化が起きそうです。

 またそんな最中に巨大地震でも起きたら確実にデリバティブを起こすでしょうね。
 
 

投稿: ひろ | 2013年5月31日 (金) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎なれど:

« 何んで、走るの ? | トップページ | 人生の素顔 »