« 人と絆 | トップページ | 薫風のなかを »

2013年5月12日 (日)

木漏れ日

雨上がりの朝、何時もの山の尾根道を走る。

濡れた木の葉がてらてらと光るその緑道に、新鮮な光が挿しこんでいる。

Dscf7226

山は、もうすっかりと今年の緑に衣替えしている。

皐月の風はしっとりと新鮮で、体の中まで透き通っていく。

Dscf7232

思いは、週末の八ヶ岳野辺山100kUMに飛んでいく。

4/21の雪と雨の112k挫折からほぼ1カ月、週末も雨になりそうだ。

Dscf7227

八ヶ岳の唐松の新緑も冷たい雨に濡れているだろう。

されど、今回は粘りに粘ってゴールに辿り着くつもりさ !!

Dscf7228

ともあれ、花は移り咲き、光は初夏の兆しだ。

私の葡萄達は順次結実を始め、気の早い房は大きく実を膨らめ始めている。

Dscf7231

毎朝、その葡萄棚の下で、優しい木漏れ日を受けて彼女らのケアーをする。

それも、ちょっと目を離していると、側枝が大きく伸びて繁茂してしまう。

Dscf7229

日差しがこぼれる位に、ちゃあ~んと手を入れ続けなきゃならないんだ。

この作業は、毎日夜明けから朝食まで続く。

Dscf7230

やがて7月始め、彼女らは処女が顔を赤らめるようにポッと色付き始める。

今日の陽は、その日を心待ちさせるような日差しだ。

|

« 人と絆 | トップページ | 薫風のなかを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木漏れ日:

« 人と絆 | トップページ | 薫風のなかを »