« 順風一路? | トップページ | 楽天家たらん »

2013年5月16日 (木)

小康の一日

随分久方ぶりの予定のない一日である。

それで最後の調整にと、山に向かう。

Dscf7246

今年の連休は南の島に出掛けて、十分な走り込みが出来なかった。

帰ってから少しでも取り戻そうと走ってきて、その最後の仕上げのつもりだ。

Dscf7247

慣れ親しんだ山の道はきついけど、何時も私の心ごと受け入れてくれる。

アサギマダラが草の蜜を吸い、ササユリが成長を急ぐ。

Dscf7249

そのササユリの根を掘り返した跡がある。

恐らく狸の仕業で、ユリ根を食べているのだろう。

Dscf7250

山は、人と動植物の共生の場なのだ。

山から帰って、円安を確かめに銀行に出向いた。

Dscf7251

ホノルルマラソンの折の使い残しが千㌦程机の中に残っていたからだ。

確か78円で買った$だが、99.17円で両替してもらった。

幾分臍繰りが増えて得をしたような、為替のマジックである。

Dscf7252

残りの時間は、ブドウの整枝に費やすこととなった。

と言うのも、連休の付けが溜まっていて、ブドウは勝手な方向に枝や側枝を伸ばしている。

これを摘心と同時に側枝をすべて除去、併せて花房を一つずつ整えていく。

Dscf7255

夕方には、残っていた作業をあらかた終えて、身も心も小康を得た気分になった。

葡萄は、早生はもう粒を膨らめているし、ジベレリン処理中の品種もある。

だが、それぞれ基本的なスタンスは整ったと言ってよい。

Dscf7256

やれやれ、これで心置きなく野辺山に向かうことが出来そうである。

春先の気迷いか、このところあれこれと躊躇することが多かった。

しかし浮付きは徐々に沈静しつつある。

Dscf7253

野辺山の制覇に向けて、寂にして不動の形が出来たと感じている。

八ヶ岳でどんなドラマが待っているのか、楽しみですらある。

|

« 順風一路? | トップページ | 楽天家たらん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小康の一日:

« 順風一路? | トップページ | 楽天家たらん »