« 歳々年々 | トップページ | 小康の一日 »

2013年5月15日 (水)

順風一路?

人生は人それぞれで、波瀾万丈とまでは言わなくとも、

大波小波をくぐり抜けてゴール(墓場)に辿り着くものだ。

Dscf7236

私だって、随分人に恵まれ、時代やチャンスにも恵まれていたと思う。

団塊の世代の先頭で何時も鮨詰め教室、入試地獄・・・・

Dscf7214

だけど高度経済成長のお陰で、就職に苦労することも無かった。

職場では、素晴らしい先輩に次々と目をかけていただいた。

Dscf7210

とは言え挫折は数知れずあったし、その度にめげながらも立ち上がってきた。

思えば随分沢山の失敗劇も演じてきた。

Dscf7170

長い人生である。

どんな航海にだって、順風一路なんてことはあるまい。

そんなこんなで、人がどう思うか別にして、Dscf7167

たまたま今日ここに立っているのに過ぎない。

実は、先日も大きな失敗をやらかした。

市長以下を来賓に迎えた会合で挨拶に立ったのだが、Dscf7165

上気して通常の話が出来なくなって、

最後まで自分をコントロールできない状態が続いた。

このショツクはかなり大きくて、自信喪失状態に陥ってしまった。

よくよく理由を考えてみた。Dscf7162

準備不足?  否、昔からの上り癖?  否・・・

最後に思い至ったのは、あの憔悴しきった富士五湖の2日後だったことだ。

心身共に精力を使い果たして、回復もままならないまま人前に立った結果だった。Dscf7113

自分で自分をコントロールできない状態と言うのは、かなりの脅威だ。

不摂生の末とは言え、お集まりの皆さんには大変申し訳なかったと思っている。

ことほど左様に、右往左往しながら航海している。

Dscf7112

風に乗って人生を最適化しつつ航海する才人とは訳が違う。

でも失敗はしても、私なりに一日一日を大切に生きようと心している。

|

« 歳々年々 | トップページ | 小康の一日 »

人生論」カテゴリの記事

コメント

 兄貴相変わらずですね。
謙虚で自己嫌悪な人柄が私は大好きです。
プラス志向の評価ですよ。
 自己嫌悪って反省心の原動力と思います。
 順風に感謝し逆風にも更に感謝ですよね。
 
モノ造りの仕事の私は、お客様の困難な要望を笑顔にする為に自分を追い込みます。
 その時、私には出来ると言い聞かせます。

 以前相棒が、言っていたのを覚えていませんか?
中学校の卒業の祝辞に『困難と言う名の扉の鍵は、感謝の言葉で開く・・・』そんな話をしました。 若い頃習ったのでしょうね。
 良く解りませんが、生徒に話したつもりが、相棒の心に響いてしまったようです。
 課せられてる役目もレベルも責任も挑戦するレベルも遥かに兄貴とは違いますが、逆風を感謝しお互い頑張りましょう。
 偉そうにと思わないで下さい。
 人知れず私もプレッシャーの中にいます。

投稿: ひろ | 2013年5月15日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 順風一路?:

« 歳々年々 | トップページ | 小康の一日 »