« exiledの島へ | トップページ | 隠岐の島巡り »

2013年6月16日 (日)

隠岐100kの旅

朝5時、隠岐港近くの路上は昨年よりも随分多いランナーで溢れた。

曇っていて気温は思ったよりも涼しい感じだ。

Dscf7608

快調に飛び出したと書きたいが、実は体が重くって少しもスピードが出ない。

それに昨年は感じなかったのに、上り下りの斜面がやたらと多い。

それで30k過ぎから、登りは歩くことに決めた。Dscf7615

従って48kのサービスステーションに着いた時には、既に11時を回っていた。

完走が心配になる時間が迫っていた。Dscf7627

それに50kのランナーがここから11:30にスタートする。

猛烈にダッシュする50kの選手たちが見えて、Dscf7634

私は53k地点で、例の川内選手に抜かれてしまった。

ともあれ私はあくまでもマイペースで、のどかな里山の続く隠岐を味わいながら走った。Dscf7636

と言うのも、この隠岐では集落ごとに趣向を凝らした応援隊が待っている。

焼肉や魚、スイカなどを準備してくれている所、仮装しての応援もある。Dscf7637

それにあちこちに張られた横断幕が楽しい。

この応援の皆さんと触れ合いながら走ったということだ。Dscf7629

途中で飛行機で隣り合わせた東京都のA美さんに会った。

Hさんは、何と素足にサンダルで走っているのである。Dscf7631

この方が素足の湾曲が活きて快適なんだそうだ。???

橋の下を覗くと、船の上からもエールを送っていた。Dscf7647

応援隊は、ゴールが近づくほど密になって、ゴール間じかでは大勢が小躍りしている。

「100k良くやった。えらい。おめでとう、良くがんばった」などと熱烈に叫んでいる。Dscf7645

それで走っている私も、胸の奥からこみ上げてくるものがある。

今日は午後から雲が消えて、猛烈な熱暑になった。Dscf7646

給水所ごとにコップ2杯の水を取るのだが、たちまちにして汗になってしまう。

今回も何度となく「止めよう」と思った。Dscf7648

途中で止める理由は幾つだってある。

でも走り続けるのは、完走を目指す意思力だけが頼りなのだ。

Dscf7650

ともあれ13時間45分、制限時間まで45分残してのゴールとなった。

それにしても、隠岐マラソンも中々の難コースだと改めて思った。

|

« exiledの島へ | トップページ | 隠岐の島巡り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとうございます。

お疲れ様

こういう
こころのある大会はいいな~あと思います。

投稿: ヒロボー | 2013年6月17日 (月) 12時13分

モヒカン ワラーチのアンジーことA美です♬ お父さんにお会いできて本当によかった! またいずれかの大会でお会いできるのを楽しみにしております! 本当にありがとうございました

投稿: アンジー | 2013年6月17日 (月) 23時34分

 アンジーさんには、三度ほど追い抜かれましたが、あのサンダルで颯爽と走る姿には圧倒されました。何でも、試してみないことには分かりませんね。

 帰路もご一緒できて、新しい知己が出来ました。今後ともよろしくお願いします。

 それから、「お父さん」と呼ばれる程の年齢でもありませんからね「お兄さん」?!で如何でしょうか。
                山草人

 

投稿: 山草人 | 2013年6月18日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐100kの旅:

« exiledの島へ | トップページ | 隠岐の島巡り »