« Good for you !! | トップページ | exiledの島へ »

2013年6月14日 (金)

人口減の虚実

世界の人口は大幅な増加を続けている。

それで現在の72億人が、2050年までに96億人になるんだそうだ。

Dscf7440

一方この日本では少子化が続いて、じわじわと人口が減り始めている。

元々日本の人口は、明治維新の頃には3千万人に過ぎなかった。

Dscf7404

それが終戦直後には8千万人になって、ピーク時には1億2千万人と6割方増えた。

バブル崩壊前後から少子化が顕著になって、合計特殊出生率が1.32まで下回って、

Dscf7448

それで日本の人口は、今世紀中に6,700万人位に減るんだそうだ。

政府も国民も、折からの経済不調と相俟って、これは大変だとなった。

誰もが、人口減=国力の衰退と考えたからだ。

Dscf7405

「人口が減れば消費も生産力もが減って、この国の産業・経済が駄目になる。」と言うのだ。

だけど本当だろうか?

確かに現役世代の過重な年金負担とか、学校の入学者が減るとか・・・、

Dscf7449

人口増加を前提に作られてきたインフラは大きな課題を抱える。

Sサイズの人がLの服を着なきゃならないってイメージだ。

しかし人口が減ることでのメリットだってある。

土地もゆったり使えるし、学校だって希望校で勉強できるチャンスは増える。

Dscf7402

消費市場だって世界の人口が増えてるんだから、そこに売れば良かろう。

要は生産性を高めて産業競争力を上げれば良いのだ。

少子化こそ豊かな社会を作る契機と考えるべきではなかったか。

Dscf7582

それを政府は、少子化担当大臣まで設置して・・・・

挙句前政権にあっては、莫大な子供手当をぶら下げて選挙に勝った。

だけど、少子化及び人口減は社会の成熟の証ではないのか。

Dscf7268

そのスピードこそは問題だとしても、少子化はむしろ結構なんじゃないか。

中国じゃ、それを国策として進めているくらいだ。

年金が減るとすれば、高齢者だってそれなりの働き(役割分担)をすりゃ良いんだ。

Dscf7153

そうすりゃ、呆けも病人も減るがな。

私達は、大いなる勘違いをしてたんじゃなかろうか。

|

« Good for you !! | トップページ | exiledの島へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人口減の虚実:

« Good for you !! | トップページ | exiledの島へ »