« ゴミを減らそう! | トップページ | 黄色いトマト »

2013年7月31日 (水)

走るってこと

世は、猫も杓子ものマラソンブームである。

飽食の果てに健康を得るためのいじましさの感もあるが、それも結構である。

Dscf8022

だけど、一人黙々と走らなければならないマラソンは根気が要るし、

ただ苦しい走りをしていたんじゃ三日坊主が関の山だ。

スポーツと言う言葉は、競うとか鍛えるといったイメージが強いが、Dscf7118

もともと解放とか自由と言う意味が内包されているのだそうだ。

体を動かすことを楽しむことで、心身を解放するということだろう。

そう、スポーツは楽しまなきゃ意味が無い。Dscf7027

私がフルマラソンに始めて挑戦したのは、もう20数年前のことだ。

その頃は、楽しむなんてことは想像すら出来なかった。

相当な覚悟で望んだその小笠・掛川マラソンの結果は悲惨なものだった。Dscf7023

20k位までは快調に駆けたんだが、その後は歩くのも苦痛になった。

ドンドン追い抜かれていくし、制限時間は迫ってくる。

自分の体でありながら如何とも言うことを聞かない。

泣きたい様な気持と動かない体を引きずって、やっとのことで門限間際の5時間でゴール。Dscf7008

ゴールしてから帰宅するまでが、動くことも儘ならずまた大変だった。

あぁ~、マラソンとはこう言うものだったのかと、その時初めて知った。

同時に、マラソンの奥の深さに心酔したと言っていいだろう。Dscf8037

それから四半世紀、その私が今ではウルトラマラソンを走っている。

しかも楽しんで走っている。

自分の心と体の対話を楽しんでいる。

Dscf8035

殊にマラニックは出会いあり会話あり、そして観光ありで飛びっきりのレジャーだ。

マラソンは無心に体を動かし続ける単調なスポーツだけど、どのレースにもドラマがある。

無心に走るのは座禅にも似て、自分との奥深い所での対話でもある。Dscf5805

そしてどのレースだって、自分が主人公で無かったためしはない。

だからマラソンは、心と身の人生ゲームだと思う。

遥かかなたのゴールに向かって走り続ける生涯のゲームさ。

|

« ゴミを減らそう! | トップページ | 黄色いトマト »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走るってこと:

« ゴミを減らそう! | トップページ | 黄色いトマト »