« 人生走り旅 | トップページ | 第三戦を終えて次へ »

2013年7月22日 (月)

夜店市の賑わい

私の住む町は、かつてガチャマンと言われたほど賑わった街だ。

町じゅうに鋸屋根の職布工場が立ち並び、全国から女工さんが集まっていた。

Dscf8011

ガチャンガチャンと織機の音が絶えることなく響いていた。

その別珍コールテンと言う厚手の布は、戦後の物不足の中で珍重され、

Dscf8012

ガチャマン景気は永遠に続くと思われていた。

そして商店街には若い女工さんなども含め人が絶えることは無かった。

Dscf8013

だが、昭和48年のオイルショックあたりが止めだったろうか。

そして今、職布の工場は数えるほどになって、音も人も静かな町になった。

Dscf8014

商店街も名ばかりになって、それだって客足はまばらだ。

かつての賑わいを知る人すら少数派になっている。

Dscf8015

それで瞬間的ではあっても「かつての賑わいを再び」と開催されたのがこの市だ。

先日の夜店街には路上に所狭しと露店が並び、歩くのも難儀なほど人が集まった。

Dscf8016

特に夏休みを前にした子供たちは、連れ立って徘徊し束の間の非日常を楽しんでいた。

ともあれ地域も町も、そして人だって産業と共に変遷する。

Dscf8017_2

あのデトロイト市の破綻だって、産業の空洞化に由来する。

このところ沈む夕日のように下降傾向にあった日本の産業だが、

Dscf8018

強力な政権の誕生と共に、息を吹き返すことを祈念したい。

産業は栄枯盛衰とは言え、産業が元気でなけりゃ雇用も賑わいも生まれないんだから。

Dscf8019

この国の夜店市(デフレ脱却)も、真夏の夜の夢であってはなるまい。

|

« 人生走り旅 | トップページ | 第三戦を終えて次へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜店市の賑わい:

« 人生走り旅 | トップページ | 第三戦を終えて次へ »