« モチベーション | トップページ | ヒートアイランド »

2013年8月31日 (土)

秋来ぬと・・

明日は二百十日である。

その貞亨暦にあるとおり、台風15号の襲来となった。

Dscf8410

しかし、この遠州地域は稀に見る干天続きだったから、恵みの雨になるだろう。

このところ、鰯雲などに秋の気配が少しずつ感じられる様になった。

特に朝晩は、ひんやりとした風が心地良い。

Dscf8384

それも、この二百十日を過ぎると急速に秋になるはずだ。

「秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」〔藤原敏行〕

それにしても、今夏の酷暑と少雨には恐れ入った。

Dscf8381

作物はすべからく喘いでいたし、私も潅水で随分苦労した。

今水田にコンバインが走り回って、一斉に稲刈りが始まっている。

気温が高かった分、収穫時期が早まったのだ。

Dscf8378

それも「日照りに凶作なし」で、灌漑用水の潤沢な故に豊作だろう。

秋の声を聞いた途端に「夏も終わっちゃうのか・・」と一抹の寂しさを覚える。

Dscf8377

昨日まで、あのジリジリと照りつける太陽と熱風に辟易していたのにである。

今年の夏はもう二度とやってこないし、こうやって年年歳歳を費消していく。

Dscf8367

気だるかった今年の夏も、もう終わりなんだ。

しかして私にとって、十分な夏であったろうか。

Dscf8364

あの夏の花火は、あの時限りのものなのだ。

「秋風起って 白雲は飛び ・・・・・・ 少壮 幾ばくの時ぞ 老ゆるを 如何せん」〔武帝〕

Dscf8361_2

|

« モチベーション | トップページ | ヒートアイランド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋来ぬと・・:

« モチベーション | トップページ | ヒートアイランド »