« そま(杣)道 | トップページ | 衆愚を脱して »

2013年8月10日 (土)

毀誉褒貶

外国から求められている『歴史認識』とは如何なるものか。

1877年、徴兵令による国民軍編成などを不満とする最後の不平士族の反乱、

Dscf8219

その西南戦争に私の地区からも鎮台(国内の治安を守る)兵として

多くの若者が召集されている。

その戦争の模様が旧家の古文書の中から見つかって、大変な苦戦を伝えている。

Dscf8222_2

士族の反乱が収束して後、山形有朋による軍人勅諭、

そして明治14年の竹橋騒動を経て大日本帝国憲法が出来る。

軍隊の「天皇への直隷と政治からの独立」が制度化され、これが敗戦まで続く。

Dscf8221

軍隊の編成も「主権線」「利益線」「生命線」を意識した外に向かう師団制度になるのだ。

やがて成るべくして満州事変、上海事件、日中戦争へと泥沼化していく。

その戦争目的は「暴支膺懲」であった。

Dscf8223

国民は、抵抗する中国人を懲らしめるのが正義だと教え込まれた。

そもそも日本軍は輜重が無いに等しかった。

食糧も燃料も現地で調達するんだから、中国人からすれば強盗団と同じだ。

Dscf8220

家を焼かれ家畜や食料を略奪され続けていく。

満蒙開拓だって、ほとんどが既耕地で現地人を追い払って部落が作られていった。

満鉄沿線の線的でしかなかった支配を補うための軍の策略だったのだろう。

Dscf8225

昭和16年以前の戦地からの手紙は、こうした機微を臨場感を持って伝えている。

しかし南京陥落前後からは、検閲が徹底されて「大東亜共栄圏」礼賛の一辺倒になる。

苦戦の連続なのに、無味乾燥な「味方の勝利」になっていくのだ。

Dscf8226

ともあれ今回、当時の村長(自宅には送れなかった)宛の多くの戦地からの手紙が見つかった。

そこから見えるものは、悲惨な戦争の実態と、後半は統制された意味のない文書だ。

日露戦争以後の日本人が、彼の地で一体何をしてきたかが浮き彫りにされる。

Dscf8217

そしてまた、韓国や中国が『歴史認識』と言う時、過去の日本軍の暴虐が念頭ある。

「確かに戦後の日本は、いち早く大変な経済成長を成し遂げた。

だけどそれは、朝鮮半島や中国に及ぼした筆舌に尽くし難い戦争の責任を、

Dscf8218

真正面から正すことも無く今日まで来ている。

それも米国に毀誉褒貶、経済本位のご都合主義でやってきた結果でしょ。」

・・・・・と言っているのだろう。

私達が仮に憲法を改正するなら、

国の自主独立と同時に過去の戦争責任を明確にすべきだろうと思う。

|

« そま(杣)道 | トップページ | 衆愚を脱して »

歴史」カテゴリの記事

コメント

2010年の尖閣での漁船衝突事件以後に以前より増して、抗日運動が盛んに成りました。
中国では、抗日を取り上げた戦争映画が年間200本以上出来ていると言われます。
抗日運動は、まるで先の中国の内戦状態の時の様です。
この20年間に中国は、軍事力を20倍に増やし中国軍部は、戦いの時を狙っていると言われます。
尖閣での行為は、戦争への牽制行為に思えたりします。
常に日本の出方を探っています。
尖閣での漁へ行く船には、陰で奨励金を出しているとも言われます。
中国はアメリカの干渉も嫌っています。
台湾の独立を認めて居ない中国は、台湾も領土と同じです。
台湾に軍を出したならば、中国はサンフランシスコに核を使うと中国軍は公言しています。
尖閣も同様でしょう。
 アメリカ軍の介入時には、核兵器の使用を覚悟する時と双方が考えているのです。
 でもアメリカ政府には、そんな事は出来ません。
尖閣で中国軍と衝突したら中国の思う壺と思います。
中国には、核弾頭が200個近くもあり、軍の幹部は、これからも増やしここぞと言う時には、使うと言っています。
 アメリカは手が出せない可能性があると思います。
中国は、世界の人口を中国人以外の人間を殺して浄化を図ろうとまで、ふざけた事まで言っていますから危険です。
昔も今も中国の共産党の権力者は、腐っています。
今は特に莫大な金に腐っています。日中戦争当時もイギリスやアメリカの援助を横流しして儲けて居た人間も多いと言われます。
日本は、そんな変な怪物と戦ったのですね。もう戦いは止めましょう。
良い人も多いですから対話が必要ですね。

投稿: ひろ | 2013年8月12日 (月) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毀誉褒貶:

« そま(杣)道 | トップページ | 衆愚を脱して »