« 所業無常 | トップページ | 68回目の夏 »

2013年8月14日 (水)

富士の高根に

太宰が「富士には、月見草が良く似合う」と書いたのは、

河口湖から甲府に向かう途中の御坂峠からの富士である。

Dscf8261

御坂から望む富士は富士三景の一つとされている。

何故月見草が似合うと言ったのかって・・・

Dscf8266

それは富士山が余りに堂々としていて、正面向かって対峙すると自分が負けてしまう。

それで、えぇ~い風呂屋のペンキ絵だとか、芝居の書割だと難癖をつけているのだ。

Dscf8267

人を圧倒する富士の威容に畏怖を感じる人は少なくないだろう。

Dscf8271

そう、富士山は遠くから眺め崇める山なのだろう。

Dscf8276_2

その富士山に、通常の登山の他に富士登山競争や山頂往復マラニックなど、

Dscf8279

私はもう彼是30回以上は登ってきた。

Dscf8282

しかし田子の浦と山頂を往復するマラニックだけは、とうとう完走を果たせないでいる。

Dscf8284

富士の高根を目指して0mから3,776mを登りきるのは、それだけ苛酷なんだ。

Dscf8285

ともあれ今日は、盆休みで混み合うかもと思いつつ、敢て世界遺産を登ることにした。

Dscf8292

水が塚からシャトルバスで30分、富士宮口五合目からのアタックである。

外国人が目立つ程度で意外に混み合ってはいない。

Dscf8286

それでもテンポを早くすると息が上がる。

ゆっくりと登って3時間半、昼前にはお鉢の縁で昼飯を食べていてた。

Dscf8287

かつて富士は信仰の山で、このお鉢(噴火口)に銭を投げ入れて願をかけた。

火口に降りて掘り返せば、江戸期の銭が結構出てくるのではないか。

Dscf8288

絶好の天気で、山頂でも小春日和と言った感じである。

しばし火口を眺めていたが、今度は御殿場口から宝永山経由で下ることにした。

Dscf8290

東側は富士山の火山灰が厚く、その砂走りを飛ぶように降りるんだ。

宝永山が噴火したのは1707年、307年前のことだ。

宝永の火口はなだらかだが、大きな噴石を散在させているところが古富士と違う。

Dscf8291

ともかく、1時間40分程度で五合目に降りついてしまった。

簡単に往復したようだけど、それでも富士の高根である。

決して容易い山ではない。

Dscf8293

そう、眺める富士の方が何倍か気高いが、登ってこその人生である。

|

« 所業無常 | トップページ | 68回目の夏 »

自然」カテゴリの記事

コメント

やっぱり
行ったんですね。

世界文化遺産と騒がれているだけで
混まなかったようですね。

登りも
下りも・・・順調で

これなら
富士山頂往復マラニック

諦めるのは
まだ・・・早いです。

投稿: ヒロボー | 2013年8月15日 (木) 10時39分

世界遺産の富士山へ登頂おめでとう
やりましたね
私も今年の富士山難儀して往復できませんでした
今年で最後だと思ってた富士山頂往復マラニックもう無理でしょうか
で明日「青春18きっぷ」で富士山登ってこようかと思ってます。

投稿: うっちゃん | 2013年8月18日 (日) 06時35分

いやいやどおして、うっちゃんならまだまだ大丈夫、完走出来ますよ。

 確かに年齢は大きな負荷になるけど、事前の準備や鍛錬で出来るでしょう。

 三浦さんのエベレスト登頂に比べりゃ、ちょろいもんですよ。

 私の場合は、疲労時の高山病対策だな!!!

明日は、青春の富士山を楽しんできてください。
               山草人   

投稿: 山草人 | 2013年8月18日 (日) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士の高根に:

« 所業無常 | トップページ | 68回目の夏 »