« 過去をかじって | トップページ | 五月蠅 »

2013年9月10日 (火)

巡り合い

人と人の出会いと人生ってことを思っている。

あの明治維新を主導したのは薩摩の西郷隆盛と大久保利通だった。

Dscf8443

そして、彼らは正に隣近所に住む若者(にせ)だった。

否それどころか、舎弟の西郷従道、川路利良なども餓鬼の頃からの仲間だ。

Dscf8442

その若者仲間が、時代の風に乗ってあの明治維新とこの国の基礎を作ってしまったのだ。

勿論、大隈重信や江藤新平だって幕末の人との出会いが彼らの生涯を決めた。

Dscf8437

大時代的に言うとそうなるのだが、まったくの平民である私達だって同じことだ。

巡り合った餓鬼、学校の先生、同窓生、職場の先輩や同僚、はたまた叔父や叔母。

Dscf8434

何時何処でどんなタイミングでそのキーマンと会えたのかどうか。

男女の仲はもっと繊細で、メンタルの機微にも関わっている。

Dscf8425

ともあれ、この世は明治の彼らがそうであったように、真似るべき先輩の有無が肝心だ。

学生の頃だって色々な人間と付き合いながら、学ぶべき友人を探している。

Dscf8549_2

職場ではさらに顕著で、どんな先輩や上司の真似が出来るかで職場の未来が決まる。

勿論真似るべき人は、時と共に変わっていくかも知れないが、真似ることは大切さ。

Dscf8472

若いころ、先輩の読んでいる本を全部購読することにした。

喋り方、物の考え方、文章の形etcを真似ることから出発した記憶がある。

Dscf8555

或いは、ものの考え方に関しては圧倒的に司馬遼太郎に影響されたかな。

つらつら考えてみても、私は要所要所で素晴らしい人達と出会ってきた。

走ることだって、ある日山の中である男と出会わなかったら、今日の世界は無かった。

Dscf8554

自分の身を置くところに、必ずキーになる人物が登場する。

ボランティアの世界、自治会の役員、○×協議会等の委員、

Wカップや静岡国体で出会った人々、みい~んな私の人生になっている。

Dscf8506

しかも、その出会いは決してたまたまじゃないんだ。

しかるべくして、そこに身を置いている自分がそこにいる。

何気ないことだけど、実はそれが運命の前髪なんじゃないかと思う。

|

« 過去をかじって | トップページ | 五月蠅 »

「人生論」カテゴリの記事

コメント

 出逢い・真似・学び・人生のキーマンですか?
明治維新の頃の下級武士たちには、問題意識と学びに、貪欲だったのでしょうね。
 塾にしても学生からお金を取り始めたのは、福沢諭吉が初めてだと聞く。
 教える方も、門下生を選び教育に熱心だった事でしょう。
 兄貴にしても変わる事に、貪欲で、憧れるた方々が居て人生を作ったのですね。
 残念ながら、私には少なかったですね~。
 それでも40歳にしてやっとの事で、妻に内緒のへそくりで、自費で会社でパソコンを始めた事は、良かったですね。
 独学でCADも覚えたから今の仕事が有りますね。
 出逢い。
 働き過ぎとバブルのギャップで、体調を壊した30代に助けてくれたのは、学生時代の仲間でした、スポーツの世界へ導いてくれた。
 あの日、飲み会に行かなかったら、ヒロボーさんとも会わなかったし。
 あの日も湖西連峰で、よっぴーさんの携帯を拾わなかったら、今も無かった。

 憧れる人は、沢山いるけれど、一番に来るのは、兄貴ですね。
 ヒロボーさんは、別格・・。
 今からでも遅くない、憧れる事から自分を変えて行くぞ!!
 

投稿: ひろ | 2013年9月10日 (火) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/58166843

この記事へのトラックバック一覧です: 巡り合い:

« 過去をかじって | トップページ | 五月蠅 »