« 月見る月 | トップページ | 不孝の源 »

2013年9月20日 (金)

Challeng

世の中には、とんでもない豪傑がいる。

文芸春秋から出版された「マラソン中毒者」を読んで仰天してしまった。

Dscf8673

著者は国内外30社程の経営にかかわっているベンチャー投資家、小野祐史さんである。

多忙な事業の傍ら、2009年にマラソンを始めてから彼はクレイジーになった。

毎週のようにウルトラレースを走っているのだが、何と・・・

11年の6月には、ゴビ砂漠250kマラソン〔19位〕

その年の4か月後の10月には、サハラ砂漠250kマラソン〔8位〕Dscf8674

そして翌12年4月には、氷の上を走る北極点マラソン42,2k〔4位〕

その年の5月、富士山で開催されたUTMF156k〔107位〕

さらに11月には、何と南極100kマラソン〔9名中2位〕

13年3月には、南米チリのアカタマ〔標高3,000m〕砂漠250kマラソン〔チーム戦1位〕

と言った調子で、常人ではとてものこと尻込みするチャレンジを続けている。

彼の余暇は、命がけのレースなのだ。Dscf8597

氷点下50度の極地を走るって事がどう言うことか想像に余りある。

さらに空気の薄い標高3,000mの砂漠を荷物を背負って250k走るってことが、

どれ程困難なことか、100kを走る私にも想像を絶する世界だ。

しかも彼は忍者やペンギンのコスチュームで世界に話題を振りまいている。

私の走っている宮古島や丹後などでも、大根の格好やウサちゃん帽で走っている。

Dscf7620

だから、私も何度かすれ違っているはずである。

それにしてもたまげたと言うか、中毒を通り越してクレイジーと言う他ない。

この1974年生まれの実業家には、「不可能」の文字が無いようだ。

話は変わる。

Dscf7619

今朝6時、北海道北端の宗谷岬をスタートしたグループがある。

私の知人3名を含む12名が、鹿児島県佐多岬まで3,146kの走り旅に出発したのだ。

今日から59日間、雨の日も風の日も走り続け日本縦断を目指す。

彼らには、小野さんとは又違った59日間のドラマが待ち受けているだろう。

Dscf8461

長い旅の途中の安全と全員の完走を祈りつつ、

人間は挑戦を続ける生き物なんだと感嘆している。

走り旅の日々の情報は HP「日本縦断走り旅」を見ていただきたい。

望むらくは、私もその一員であったならと臍をかんでいる。

They can go through with Judan.            

|

« 月見る月 | トップページ | 不孝の源 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 ヒロボーさんの日本縦断が今日からですか?
凄い挑戦ですね。
 色々なしがらみが無かったら兄貴も行けたのにね。 清水のN山さんも行きたいと言ってましたね。
 私には、小野さんやヒロボーさんや景山さん達の挑戦にただただ、憧れるだけです。
小学生の時、初の単独太平洋ヨット横断の堀江さんの本を読み感動し海に憧れました。
 大西洋を単独飛行したリンドバーグを読み空と彼に憧れました。
 中学生の頃に、独りラクダでサハラ砂漠横断に挑戦し亡くなったた方の日記を読み憧れました。
 シルクロードをバイク走破した人の本を読みいつか自分もと憧れました。
 誰もやらない事。冒険といいますけど。
憧れます。
 私の仕事も遥か遠いですが、そんな思いです。
 先日、亡くなった豊田英二氏は、佐吉氏の弟の息子です。
 佐吉氏は、60歳過ぎて早くに死んでます。
 寝る間も惜しんで仕事に没頭した。
ある意味冒険ですよね、限界を楽しんで居たのです。
 佐吉氏を伝記では、大工のこせがれとか書いてますが、彼の書いた織機の図面を見たことがありますが、まるで絵画芸術の様でした。
 佐吉氏の息子の章一郎氏は、英二氏の従兄に成ります。事実上のトヨタ自動車の創業者です。
 たった一人の夢が、今は日本経済を牽引してる。
 スポーツの世界とは、少し違いますが、夢のチャレンジから生まれたものです。

 話それましたけど、ここでヒロボーさんのランニングジャーニーが紹介されるのですね。
 わくわくしますね。
 我が町を通るときは、仕事放り出して応援に行きたいです。
 
 

投稿: ひろ | 2013年9月20日 (金) 20時51分

 ひろさん。私の知人とは若穂井さん、鈴木秀夫さん、そしてガンモドキさんです。

 残念ながらヒロボーさんは、浜名湖100kの主催者ですからね~。

 地元に来たら、どこか伴走したいと思っています。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2013年9月21日 (土) 07時25分

縦断の皆さんが県内に入ったら、週末しか行けませんが、私も伴走もしくは逆走したいと思っています♪

遅くなってしまいましたが、丹後完走おめでとうございます60Kmの部でしたが、数年前泣きながら走ったのを思い出しました。もう一度私も目標を持って挑戦してみようと思いました。ありがとうございます

投稿: みど | 2013年9月24日 (火) 08時25分

みどさん。久しぶりですね。

 私も同様に、何処かの区間を縦断の皆さんと共に走って激励出来たらと思っています。

 吉原~藤枝、藤枝から浜松、平日がかかるから19~20日かな。御一緒できたらいいですね。
              山草人
           

投稿: 山草人 | 2013年9月24日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Challeng:

« 月見る月 | トップページ | 不孝の源 »