« 巡り合い | トップページ | 一葉天下の秋 »

2013年9月11日 (水)

五月蠅

この夏は、嘘の様に蚊や蠅が少なくって随分楽をした。

折からの熱暑と干ばつで水溜りが出来ないし、出来ても直ぐに消えてしまった。

Dscf8433

それで奴らも繁殖できなかったんだろう。

一昔前まで、日本人は蠅と蚊には苦労しっぱなしだった。

子供の頃、座敷で昼寝しているとあの蠅が誠にうるさかった。

追っても追ってもたかって来るし、手を擦る足を擦るで、おちおち昼寝も出来なかった。Dscf8424

蚊には蚊帳を釣って対処したんだが、蚊帳の穴から侵入した蚊を追って

夜中の一騒動が必要だったりして・・・・。

ともあれ私達には、ハエ取り紙を吊るしたり、蠅叩き、蚊取り線香くらいが防衛策だった。

蚊や蠅は湧き出てくるものだって、はなから考えていた。Dscf8423

実は溝や肥溜め、防火用水などで大量に培養していたのである。

余談だが、シベリアには水溜りが無数にあって、蚊も黒い塊に見えるほどいる。

抑留された日本人の中には、シベリアの蚊に殺された人だっている。

その発生源を放っておいて、一生懸命蠅を追い蚊を叩いていたんだ。Dscf8420

この駆除に一石を投じたのは、日本に進駐してきた占領軍だった。

その特効薬がDDTで、私達は頭から散布されたし、

村の若衆がリアカーに大型の噴霧器を積んで回ってきて、

一戸ずつ天井裏までDDTを散布していった。Dscf8417

それから家では雨戸を建てこめて、半日は家に出入り出来なかった。

この散布で暫くは楽になったが、10日もすれば元の木阿弥である。

水溜りや肥溜めは幾らもあるし、そいつは放っておかれたからである。

ともあれ、そのDDTは劇薬として今では製造すら禁止されている。Dscf8416

今日、網戸のお陰で五月蠅い奴らに苦しめられなくなった。

ところで、五月蠅と書いてウルサイと最初に読ませたのは夏目漱石らしい。

夏の夜、あの暴走族のバイク音も五月蠅いよね~。

|

« 巡り合い | トップページ | 一葉天下の秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 蚊や蠅より暴走族の煩さの方がましですか?
煩いバイクも減りましたね。
 我が家も網戸のお陰で蚊取り線香は、無い家です。
 母親の実家の蚊帳が怖くて・・でも今と成っては懐かしいですね。

 ところで、今夜久しぶりに妻と言い合いに成りました。
 女性(妻)は、過去の嫌な事をしっかり覚えて語り、未来を楽天視(妻)もしない。
 テレビを見ては、この俳優嫌い・・この芸人嫌い・・この歌手下手・・。
 妻の悪口では無いが、批判だけなら誰でも出来る。(自己満足だから・・)
 どこかの共産大国の様だ・・。
大切なのは、平和と経済の両立。
 笑顔と互いの幸せ。
 個人主義の蔓延で、勝ち組か負け組・・いずれ兄弟姉妹や夫婦の間にも蔓延してしまうのだろうか?

 

投稿: ひろ | 2013年9月11日 (水) 20時04分

 今年は本当に蝿と蚊が少なくて助かってます。貴殿のブログ楽しみに読ましてもらって
います。
ところで小笠山の六枚屏風は腹摺の近辺に有る
のでしょうか、腹摺からエコパ方面か小笠山方面か教えて下さい。腹摺は中学の春の遠足で
法多山に行くのに3回も通りました、お地蔵さんがあったのは記憶していますが、昔は茶屋も
あったのでしょうか、 

投稿: 金田 満夫 | 2013年9月11日 (水) 22時04分

 金田さん。ブログをご覧いただいて光栄に存じます。

 腹摺はずっと西の茶園へ登るコースター跡の所でしたね。
 六枚屏風は、もっと東で、小笠神社から多門神社に抜け、直ぐに北に(掛川方向)に曲がって100m程の所にあります。尾根道に看板がありますから、そこから崖を降りると、あの実に不思議な幻想的空間が広がっているんです。
 11月3日に開催される「小笠山トレイル」のコースにもなっていますから、参加されたらいかがでしょうか。
              山草人

投稿: 山草人 | 2013年9月12日 (木) 20時12分

 ひろさん。少し本音ですね。

夫婦と言えども二つの個性なんで、今日の価値観では如何ともし難いですね。

 蚊帳が怖かったなんて??、蚊帳は私には懐かしい情緒ですね。雷が鳴ると蚊帳の中に飛び込んだりしてね。

 あの騒音を振りまくバイクマンが近くにいましてね。欲求不満のはけ口だか何だか知らないけど、暑い夜に限って小一時間も近所を走り回るんです。
 迷惑を振りまくことで、気持ち良くなるんでしょうかね?
山草人

投稿: 山草人 | 2013年9月12日 (木) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月蠅:

« 巡り合い | トップページ | 一葉天下の秋 »