« 童心 | トップページ | 言葉と人 »

2013年10月20日 (日)

日本縦断走り旅

強い風と冷たい雨の中を、一人また一人と箱根の峠を越えてくる。

気温は10度、横殴りの雨の中を彼らは今箱根八里を走っている。

Dscf9004

彼らは去る9月20日、北海道の宗谷岬を午前6時毅然として出発した人達だ。

雨の日も風の日も、あの台風にもメゲズに、もう30日間走り続けて、

Dscf9003

そうして、今日はこの雨の中の箱根越えなのだ。

霧で芦ノ湖も、昨日降雪のあった富士山も残念ながら見えない。

Dscf9006

しかし彼らは、江戸時代の旅人が辿った街道を忠実に辿りつつ、ここまで登ってきた。

何かしなければと思い立って、私達は箱根の県境に彼らを迎えたのだ。

Dscf9008

「日本列島縦断 ようこそ静岡県へ」との墨書とともに。

しかし風のためにテント設営さえ儘ならず、公園のトイレの裏の風下にエイドを作った。

Dscf9010

アツアツのトン汁とお粥、それに梨と羊羹を準備して待つこと1時間半。

10時近くなって、雨の中を真っ黒に日焼けした12名のチャレンジャーがやってきた。

Dscf9011
ここまで既に1600kを走ってきた不屈な奴らの体だ。

みい~んな弾むように元気で、髭も伸び放題だが静かな気迫が伝わってくる。

Dscf9012

何人かの知己もいて、その一人一人を思わず抱きしめていた。

しかしすぐに、エイドでの休息もそこそこに箱根の坂を下っていく。

Dscf9013

坂を下れば三島宿、そして今日は富士吉原までの59kを走らねばならない。

彼らの背中は、洋々としてたんたんと山中城跡の脇を抜け石畳を下って行った。

Dscf9014

静岡は日本のほぼ真ん中。

彼らは鹿児島県佐田岬までの3,146kを走り続ける。

Dscf9015

佐田岬へのゴールの予定は11月17日だから・・・・・・・・・まだ随分先だ。

彼らが走り始めた北海道は、もう既に雪である。

Dscf9016

淡々と毎日を走り続けている。

でも、「もう、特別の事をしているって感じがない」と言う。

Dscf9017

朝起きて、6時から走り始める毎日の30日間だった。

列島を半分走って、もうそれがごく普通のことになっている。

やがてその記憶は、走馬灯の如く蘇る日が来るだろう。

Dscf9018

いやさ私達だって、毎日毎日の生活を懸命に走っているだろう。

それと、形は違うけど同じなのさ。

彼らは今、人生を走っているんだ。

Dscf9019

10月22日、11:30頃から、彼らは袋井のど真ん中茶屋を通過する筈だ。

仲間が大勢出て、列島のど真ん中通過を祝うことにしている。

みなさん!! 彼らの冒険を感じてみませんか。

人生は、きっと走り旅なんだよ。

|

« 童心 | トップページ | 言葉と人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 走りだして一ヶ月で、箱根ですか~。
日常の仕事と思えば走れるのだろうか?

 1600キロですか・・半分来ましたね~凄い事です。
 果てし無い距離と感じますが・・・。

自らの足だけで走れる喜びは、大きいでしょうね。
 

投稿: ひろ | 2013年10月20日 (日) 20時31分

雨のなかのエイドお疲れさまでした。日程が合わず私は逆走もエイドも出来なくて…残念!

ほいサン、お元気でしたか〜?

投稿: みど | 2013年10月21日 (月) 19時09分

ほいさんねぇ~・・・・・
もう傷だらけで、やっと走ってるって感じ。

それに気持ちも少し???、とは言え、何とか最後尾にくっ付いて行っているから、最初の頃より少し持ち直してるんでしょうね。

 往年のほいさんを知る人には、残念だけど既に別人ですね。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2013年10月21日 (月) 19時31分

 ひろさん!!! ひろさんだって毎日懸命に走ってるじゃないですか。

 縦断を走っている皆さんも、もうそれと同じ心境になっているんだと思います。

 要は、やるかやらないかだけだよね。

 彼らは、これをやるって決意して実行に移した人達なんだ。
               山草人

投稿: 山草人 | 2013年10月21日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本縦断走り旅:

« 童心 | トップページ | 言葉と人 »