« 今年を走る | トップページ | マルコの越えたパミール »

2013年12月16日 (月)

明日非所求

私達は、人それぞれの世界の中に生きている。

その世界は、生まれてこの方自分で広げてきた世界だ。

Dscf9729

望むらくは、誰でも三つの世界を持つ必要があると言われる。

それは「仕事」という世界と、「家庭」と言う世界、それに「市民」という世界だ。

Dscf9733

一昔前まで男は仕事だけ、女は家庭専化というパターンが多かった。

Dscf9734

たけど今時、女性も皆働いているし、そんなことを言っている人は少なかろう。

この仕事と家庭に加えて、一市民として応分の地域での役割を果たすことが求められる。

Dscf9736

勿論、地域での人々との関わりを含んでいる。

Dscf9737

しかし勝手放題民主主義の蔓延で、

隣の人は何する日とぞ・・・これが日増しに疎遠になっているのが現実だ。

Dscf9739

ともあれ私は、この三つの世界じゃ足りないと思っている。

Dscf9740

最も大切なのは、「遊ぶ世界」ではないかと思っている。

どう遊ぶかも囲碁将棋・スポーツ・芸術などと多岐にわたるだろうが、

Dscf9741

人生に必要なのは遊ぶことに夢中になるってことじゃなかろうか。

Dscf9743

昨日の浜名湖半周マラニックを考えている。

「寒風の中を息せき切って走って何が楽しい?」と人は言うかも知れない。

Dscf9745

でも私達は、その走るっていう「遊びの世界」に夢中なんだ。

Dscf9746

そのことが、日々の憂さを解消してくれるし、

人との巡り合いを含めて人生をどんどん広げてくれるし、家庭や仕事の活力にもなる。

Dscf9747

 吾生行帰休 〔吾が生 行く 帰休せんと〕

Dscf9766

 且極今朝楽 〔かつは 今朝の楽しみを極めよう〕

 明日非所求 〔明日を求めるところに非ず〕

Dscf9767

「どの道何時かは寿命が尽きるのだ。だから先ずは今日を楽しみつくそう。

明日と言う日を当てにはすまい」陶淵明が友人達と遊びながら詠った感懐である。

Dscf9768

生きている今を、十二分に生きてこその人生であろう。

|

« 今年を走る | トップページ | マルコの越えたパミール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 昨日は、お疲れ様でした兄貴。
普段は、走ると言うことだけで、目的に思う事も有るでしょうが、仲間達とのマラニックでは、走る事とは、手段に過ぎず、走る過程で、出会う景色や出来事を楽しみ、仲間との出会いを喜ぶ。
 一人では、決して味わうことの出来ない時間を作り出しますね。

 心から沸き立ち喜びに酔いました。

 昨日も私にも皆さん全員にも笑顔絶えない素晴らしい一日でしたね。
 相棒も絶好調で、ブレーキ掛けるのが、忙しい嬉しい1日。

 皆が作り出す時間とは言え、素晴らしい機会を作って頂いている、ヒロボーさんに感謝一年ですね。。

投稿: ひろ | 2013年12月16日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日非所求:

« 今年を走る | トップページ | マルコの越えたパミール »