« 人生気持ち次第 | トップページ | 隣人 »

2014年1月 7日 (火)

マスコミの心底

「この国は短命内閣が続く故に肝心なことが出来ない。」と言われ続けてきた。

私はその理由の一つに、この国のマスコミの有り様が関わっていると思っている。

Dscf8768

今夜は、昨年末に「マスコミの心底が見えた。」と書いた理由を述べたい。

マスコミと言うのは、ニュースを製造して売るのが商売である。

商売である以上、消費者〔読者〕の関心を呼び起こすおもしろい記事が望まれる。Dscf9907

野次馬は、「火事とけんかは大きいほど面白い」と言われるように、

何故か他人の不幸を喜ぶようなところがある。

私達は気の毒な人の話を聞くと同情したりするけれど、

Dscf9903

何故か反面で、そんな目にあっていない自分に安堵する心がある。

だからマスコミは、事件やら他人の不幸、スキャンダルなどを集めてきて毎日報道する。

いよいよ事件が無いと、動物園のパンダや白熊の写真でお茶を濁す。

Dscf9938

だけどそんな記事ばっかりじゃ、ニュース販売業は続けてはいけない。

それで、いよいよニュースが無くなれば、タレントのプライバシーを暴いたり、

時には火の無いところに煙を立てて、大変だと騒ぎたてる。

Dscf9901

週刊誌化する訳だが、これもマスコミの性癖だと思っておく必要がある。

マスコミが正義の味方ぶりを発揮できると思っているのが、政治や官僚批判だ。

こいつをやっていれば、反対勢力があるから必ず一定の支持を得られる。Dscf9860

4年程前には有ること無いことを針小棒大に報道して、

それでよもやの政権交代を実現してしまった。

正に大きなニュースを作り上げたマスコミの面目躍如だったろうか。Dscf9858

マスコミに踊らされた結果は、3年余の混迷を余儀なくされた訳だが、

ニュースの種には事欠かなったマスコミにとっては大成功だった。

ところで、あれ程騒ぎ立てた特定(国家)秘密保護法反対の報道も、Dscf9848

喉元過ぎればすっかりと書くことが無くなったようだ。

あれはどうも煙を立て過ぎたと反省しているのかも知れないが、

「この国の安全をどう担保するか」と言う記事は遂にお目にかからなかった。Dscf9574

今やネットの普及で、私達にもマスコミと対等の情報を出せる時代になっている。

マスコミの良識を問うのも、国民の役割だと思うのだが…・。

|

« 人生気持ち次第 | トップページ | 隣人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

マスコミ批判ですか?
日本人は、いつからか老婆心や批判家に成ってしまったのでは?

また、在る者は、面と裏を使い分けるように成った。
叩き上げの苦労人も激減した。

失敗を許さない空気が、若者のバイタリィーを潰してる。
責任回避だろうか?

政治やマスコミ、親や社会、批判して負けない自分を作れよ。
そこには、責任も伴う。

政治家もマスコミも言葉や報道に責任が、伴う事を知れ!

投稿: ひろ | 2014年1月 7日 (火) 21時47分

私は、戦後の勝手放題民主主義の結果だと思うな~。自分の都合だけ強調して、講堂もしないし、責任も取らない。

 利己的な傲慢さを、民主主義だと誤解しているんだ。
              山草人

投稿: 山草人 | 2014年1月 8日 (水) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの心底:

« 人生気持ち次第 | トップページ | 隣人 »