« 心の遊び | トップページ | 人生の目撃者 »

2014年1月15日 (水)

井戸の思い出

団塊の世代が、井戸を知る最後の世代になるのかも知れない。

子供の頃、屋敷の裏に掘り抜き井戸があって、コンコンと水が湧いていた。

Dscf9983

炊事や洗濯・風呂など一切をこの井戸水に頼って暮らしていた。

そうそう、夏にはスイカを浮かべて冷やしたりもしたし、

夏は冷たく冬は暖かくって、水場は子供たちの遊び場でもあった。

私はその井戸水に育てられた訳だが、小学校の修学旅行の折、Dscf9984

親父から「水には、気をつけろよ。」と言われたのを覚えている。

井戸の水は、その土地土地の土質などから皆違っていたんだ。

多分、私は土臭い水で育ったんだろうが、お陰で今でも土臭い???。Dscf9985

その井戸が、中学に上がる頃だったか枯れて急に水が出なくなって、

毎日、隣家に貰い水したりと暫く大変な騒ぎになった。

間もなく簡易水道が引かれたが、その頃にはどの家の井戸も枯れかかっていた。Dscf9988

その原因は、3km程離れた内陸部に出来た工場の汲み上げだった。

更にその数年後、地下水の塩水化でハウスに大きな被害が出るようになっていく。

内陸部で地下水をどんどん汲み上げるんで、地下に海から海水が入るようになったんだ。Dscf9990

上水道の普及した今日、誰もが地下水なんて気にもしなくなっている。

でも私達は、つい最近まで自然の水に依拠して暮らしていたんだ。

そんなことを思い出したのは、先日の宮古島では地下水が頼りだったからだ。

Dscf9992

サンゴ礁が作り上げた小さな島に、水の流れる川などあるはずも無い。

だから地下水を大切に使っているという次第だ。

島を覆うサトウキビ畑にはスプリンクラーで潅水がされるが、

Dscf9995

これも地下水や溜池に集めた雨水を使っている。

私達が走った道路脇には、幾つもの導水碑などが見えた。

島の暮らしは、水の確保無しには成り立たない。

Dscf9998

水の確保と同様、生活の糧をどうするのか?

TPPで関税が撤廃されたら、サトウキビの栽培だって不可能になるだろうし、

海洋国家日本のありようを考えないといけない。

|

« 心の遊び | トップページ | 人生の目撃者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井戸の思い出:

« 心の遊び | トップページ | 人生の目撃者 »