« 備えるにしかず | トップページ | 人事異動と人 »

2014年6月29日 (日)

満観峰へ

誰が名付けたか満観峰、何と稀有壮大な名前ではないか。

それに山の登り口が「花沢の里」だと言う。

Img_1576

曇りのち晴れの天気にも誘われて、焼津市と静岡市境のその山に行ってみることにした。

9:30花沢の里に着くと、駐車場には既に車が一杯である。

Img_1575

花沢の里は石積みで平地を造った山里で、長屋門のような独特の家屋が続く。

あぁ~この道は、大崩れが通れないから宇津ノ谷峠に抜ける間道だったに違いない。

Img_1587

・・・などと思いながら、アジサイの花を眺めつつ山に入っていく。

人一人がやっとの急坂の道が続いて、直ぐに汗をたっぷりとかいている。

Img_1588

まだ朝も早いのに、何故か何組もの下山者とすれ違う。

ガイドブックには2時間半の行程とあったから、随分早くから登ったんだな~と思っていた。

Img_1579

ところが1時間半でガラリと景色が開け、 満観峰の頂上に着いてしまった。

どうやらコースを間違えて、日本坂峠を避けてしまったようだ。

Img_1585

山頂はその名のごとく絶景で、

西に焼津港、東には日本平に伊豆半島、そして富士山も少しだけ顔を出していた。

Img_1586

空気の澄む時期なら南アルプスの山々が見渡せるようだ。

ともあれ山頂には数多くの皆さんが三々五々休息していた。

Img_1584

その一組に混ざってお結びを頂いていると、愉快な会話が続いている。

皆さんの話によるとこの山は別名「年金山」なんだそうだ。

Img_1580

年金暮らしですることも無い人達が毎日登ってきて、ここで過ごすんだとか。

Img_1582

見渡せば確かに、かなりのシニア層に類する面々が多いようである。

Img_1581

かつての駿府に抜ける間道が、今では健康づくりに一役買っている。

標高470mの山だけど、年配者もそれなりに楽しめる山なのだ。

Img_1578

気まぐれに出かけたんだけど、やはり高い所は気持ちがいいな~ァ。

|

« 備えるにしかず | トップページ | 人事異動と人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満観峰へ:

« 備えるにしかず | トップページ | 人事異動と人 »