« 白馬乗鞍岳へ | トップページ | 一得一失 »

2014年7月13日 (日)

ラージヒル

昨日は乗鞍岳山頂から下り始めて、アッと息を飲む美しさと出会った。

白馬乗鞍岳の雪解け水をたたえた周囲2kmの白馬大池である。

Img_1881

栂池から2時間余り登ってきて良かったとつくづく思った。

やはり未だか未だかと登ってきて、だからこそ雲上の楽園に辿り着くのだろう。

Img_1883

その大池のコバルトブルーの湖面には、神秘的な氷が残っていた。

まさに自分の足で登らなければ見えない風景であった。

Img_1885

ともあれ今日は、アフター登山の観光である。

さおりさんにお世話になったペンション「ホームズイン」を後にして、

Img_1898

先ずは、あのオリンリンピックのジャンプ競技場に向かった。

Img_1900

ジャンプ台の頂上まで登れると言うのでリフトでノーマルヒルの位置まで登り、

そこからはエレベーター、更に階段を登って行って頂点に至る。

Img_1902

一体どれ程の高さになるものか・・・その階段で足がすくんでしまった。

下がそのまま見える階段を恐る恐る上り詰めると、白馬村を一望できる高台に出た。

Img_1908

メルヘンそのままの緑の中の別荘地帯が広がっていた。

その眼下に、真っ逆さまに下っていくジャンプスロープが見える。

Img_1910

かつて罪人を罰することから始まったと言うジャンプ競技である。

Img_1912

やがてそのスロープに灌水が始まって、高校生の練習が始まった。

Img_1913_2

シューと言う滑走の音に続いてふわりに浮き、ドスンと着地の響きが伝わってくる。

他人のことながら、そのスリルにしばし息をのむ思いで見つめていた。

Img_1914

ジャンプ競技は想像以上に迫力のあるもののようである。

Img_1916

次に向かったのが、白馬五竜高山植物園である。

Img_1917

下からゴンドラで1500mほど登った山の頂で、300種ほどの高山植物がみられるのだ。

この時期、コマクサを始めとしてクロユリやチングルマ、青いケシやヤマリンドウなど、

Img_1919

そしてエーデルワイスが咲いていた。

あの歌に出てくるエーデルワイスだけど、実に質素に咲いてた。

Img_1920

戻り梅雨なのか雨も降り出して、これが昨日なら大池の景観はどうだったろうか。

いやいや、場合によれば雪渓で登頂を断念していたのではないか。

Img_1921

まったくの幸運と言う他ない。

ともあれこの三日間、仲間と共に素晴らしい旅が出来たことに感謝しきりである。

|

« 白馬乗鞍岳へ | トップページ | 一得一失 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

兄貴、無事帰宅されましたね。
しかし楽しい三日間でしたね。
同室でのイビキは、私が勝り申し訳無かったです。
失礼致しました。

私や相棒には、三日間に、あんな事あり、あんな思いや色々ありました。

私も相棒に取っても楽しく貴重な経験でしたよ。

兄貴、相棒には、温泉でや帰りの道中にも、困惑させられましたよね♪(^o^)

どうか、心のブレーキを外されませぬ様に、申し上げます♪(>_<)

参加の皆様、三日間大変お世話に成りました。
企画して頂いた、N 田さん、ホームズインの、さをりさん、本当にありがとうございました。

これからも、『ひろ&相棒』を宜しくお願いしま~す♪(^o^)

投稿: ひろ&相棒 | 2014年7月13日 (日) 23時36分

今回の山旅は非常に充実してましたね。
梅雨の晴れ間に、I さんの心づくしの豪華な料理に生ビール、晴れ渡った残雪の景色、白馬大池の雪がこの春に見た流氷のようで感激!
そして蓮華の露天風呂、高山植物のオンパレードにジャンプ競技場の見学では高校生の練習とはいえ、生で真近で迫力一杯のジャンプに歓声をあげたりでした。

いっぱいありすぎてとりとめもなく羅列してしまいましたがみなさんのブログではうまく纏められ感謝しています。

投稿: かわい | 2014年7月14日 (月) 08時29分

 ひろ&相棒さん。色々とあってお疲れ様でした。お陰で私も、人生初体験幾つかさせていただきました。

 そんなこんな、とてものこと普通の旅では味わえませんよね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 山草人 | 2014年7月14日 (月) 08時45分

 かわいさん。これが苦労して登ってきた山頂と納得した矢先、山の向こう側に出てビックリでした。こんな山の中に白とエメラルドの楽園が広がっているなんて・・・

 急いで下山しなくって、あそこでもっと眺めていたらよかったと少し反省しています。本格的な山は経験がなく、ランパンは少し無謀でしたかね?

澄んだ空気に美しい景色、そして手作りの晩餐、皆さんの笑顔に人生の栄養をたっぷりと戴きました。山って、面白いですね。
              山草人

投稿: 山草人 | 2014年7月14日 (月) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/59979844

この記事へのトラックバック一覧です: ラージヒル:

« 白馬乗鞍岳へ | トップページ | 一得一失 »