« 彷徨 | トップページ | Hope is・・・・ »

2014年12月25日 (木)

気心

「気心が知れる」と言う事は、人生の重大な要素なんだろうと思う。

人と人の関係は色んな利害関係や立場の違いがあったりして、

Img_0027

気心を知るなんてことは、そんなに容易くできるものではない。

ところが遊びごと〔道楽〕の世界になると、まったく違った世界が生まれる。

Img_0029

実は、「走友」について考えている。

山を走っている走友会の付き合いは、もう四半世紀になるからこれは別格にしても、

Img_0033

マラニックや大会で顔を合わせる仲間達とも、まさに気心の知れる関係になっている。

バカ話もするが人生の重大事についても、率直な話の出来る関係が多い。

Img_0038

お互いに汗をかいて切磋琢磨していることがそうさせるのだが、性格も大抵は見通している。

道楽にもいろいろあって、例えば碁敵なんてのは「碁敵は憎さもにくし なつかしさ」

Img_0039

などと言われて、これも勝負事を通しての付き合いとしては微妙な味のする関係ではある。

しかしながら、走友関係と言うのは切磋琢磨ではあっても勝負事ではない。

Img_0040

競争はしても、歳とともに「楽しく走ろう」と言う方向に傾斜してきている。

競うのは、実は自分との競い合いに重きが移っているんだ。

理屈は兎も角、走友との出会いは何時も心を開放させてくれる楽しい時間だ。

Img_0045

養生訓を覗くと「心やすく静かなれば 天君豊かに、苦しみ無くて楽しむ。

身動きて労すれば 飲食滞らず、血気巡りて病なし」とあった。

心やすらぐ仲間と共に体を動かし続ければ、それは健康へと繋がると諭している。

Img_0058

走友とは言っても、仕事も性格も生活の仕方もみんな違う。

だけど共通の趣味をベースにして、お互いの人間の味を知ることが出来るんだ。

Img_0062

私が、走り続けていて良かったと思っている所以だ。

そうそう、養生訓には「道を楽しんで日をわたらば、大いなる幸なり」ともあったな~。

|

« 彷徨 | トップページ | Hope is・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もそう思います。

マラニック仲間は
みんないい人ばかり・・・だから楽しい!

投稿: ヒロボー | 2014年12月26日 (金) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気心:

« 彷徨 | トップページ | Hope is・・・・ »