« PCにむかひて | トップページ | 明日への夢 »

2015年1月 8日 (木)

分水嶺の平成元年

平成も既に27年を迎えているのも一つの感慨だが、

改めて振り返るとこの元年は大変な節目だったようだ。

Img_0194

消費税が導入されたのもこの年だし、世界の冷戦終結も元年だ。

日経平均が今では信じられないが、3万9千円の最高値を記録していた。

今になってつらつら思うと、あの1989年はこの国の分水嶺だったのだ。

Img_0188

それは翌平成2年のバブル崩壊で一層はっきりし、この国は一気に下降線をl辿り始めた。

言うまでもなく、失われた20年に突入していくのである。

今では人口減少が当たり前になっているれど、その予兆が言われ始めたのも同時期だ。

Img_0187

因みに、静岡県の高校入学者数のピークが平成元年の56,727人なんだ。

それが、平成25年には何と42%減の32,838人になっている。

更に平成45年には六割近く減少して23,723人になると予測されているのだ。

Img_0185

平成元年前後から少子化が極めて顕著になったと言うか、結婚すらしなくなってしまった。

この国の経済成長が止まって低成長になったが、まだまだ十分な豊かさを持っている。

しかるに人間の方が過敏になって、経済成長にもブレーキをかけるようになっている。

Img_0184

子供が少なくなったのは賃金が下がったからではなく、本当は結婚しないからだ。

低賃金で結婚できないなんてのは嘘で、結婚が怖い世代が増えちゃったんだ。

昔は、一人では生活できなくっても二人なら生活できるって言われたが、

Img_0183

今じゃ社会保障で一人でも生活出来るようになったのが大きい。

ともあれ結婚できない若者の激増は困ったもので、生殖は生き物の本来の使命だ。

それに生き物は、生殖しないとその寿命も短くなるのだそうだ。

Img_0182

国の人口問題研究所の調べによると、

既婚男性より未婚男性の平均余命は9年も短いんだそうだ。

40歳の未婚男性の平均余命は30.42年、対して既婚男性9.06年なんだとか。

Img_0179

結婚によって生存条件が改善される面もあるが、生甲斐がまるで違うだろう。

所詮人間は一人では生きられないんだ。

それに雄雌を知ることなく生きたして、人生の面白いドラマは生まれないと思うのだ。

Img_0198

余談になったが、そんな具合で平成元年は私達にとっても大変な分水嶺だったのだ。

|

« PCにむかひて | トップページ | 明日への夢 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分水嶺の平成元年:

« PCにむかひて | トップページ | 明日への夢 »