« 地方って・・・ | トップページ | 山萌える »

2015年4月11日 (土)

自治連の締め括り

全国にどれ程の数の自治会・町内会があるだろうか。

確かに何処の地域にも何がしかの自治組織があって、慣習に沿って維持されている。

Img_0492

イヤイヤ、なかなか立派な活動をしている所もあるが、多くは苦労しているのが現実だ。

その原因の一つは、時代の変化の速さだろうか。

かつて農業を基礎として集落に依拠して生活していた時代には、

Img_0488

自治組織は田植えの時期決定から水の配分、葬式や家普請と、村十分を仕切っていた。

しかしそれは今は昔、かつての村の仕事は葬儀屋や消防・警察にと悉く外部化された。

そして自治会は行政機関の下請け的な親睦団体化の傾向にある。

Img_0489

増してその空洞化した自治会の連合会は、形ばかりの所が多いのではないか。

ところが、私の街の自治連はこの合併以降の10年、自治会の新しい形を作ってきた。

課題の広域化に対応して幾つかの自治会ごとに「地区自治会」を組織し、

Img_0490

広域自治会としての活動を充実させて、防犯や防災・福祉などの活動を進めてきた。

単位自治会の個々の委員では対応困難でも、5~6人の委員(福祉委員や保健委員etc)

が集まれば、それなりの行動に移せる訳で、それを地区長が指揮する形を作ったのである。

Img_0491

その形作りを主導してきたのがS連合会長で、少々強引なくらいな指導力をもっている。

その会長が今日の総会で8年間勤めた会長職を退任したのである。

私も傍らでお手伝いをさせて頂い他のだが、須らく勉強することばかりであった。

Img_0504_2

何度となく、「あぁ~、組織ってのはこうすりゃ動くのか!」って思った。

歳月を経たとはいえ、この304の自治会が間違いなく進化したのである。

ともあれ今日を持って、新たな執行部に引継ぎしたのだが、間違いなく「これしかない」路線なのである。

Img_0505_2

自治なんてのは、自分達で創るんであって、待っていて何もできるものではない。

只、誰がどういう思想性を持ってそれを担うかなのである。

|

« 地方って・・・ | トップページ | 山萌える »

地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治連の締め括り:

« 地方って・・・ | トップページ | 山萌える »