« 好奇心のかけら | トップページ | 百花繚RUN »

2015年6月 6日 (土)

飛騨高山

飛騨の江戸時代は幕府の直轄領だった。

だから代官がこの広大な地域を管理した訳だが、その陣屋が今に残っている。

Img_1247

国の史跡になっている高山陣屋で、豪壮な屋敷跡で往時を偲ぶことができる。

Img_1236

ともあれ城下町と同じで、高山の中心部には古い街並みが今に残っている。

Img_1241

酒屋やみそ蔵など、昔のにおいを漂わせながら街並みが続いている。

Img_1235

明日の受け付けを終えてその街並みを歩くと、外国人も目立つけど多くの人々がある。

Img_1234

かなりは明日ウルトラを走る2800人の一部であろうか。

Img_1233

開会式で高山市長が、ずっと(最後まで)ゴールで待っていると言っていた。

Img_1232

市長自ら陣頭指揮でこの大会を盛り上げようとしているのである。

Img_1231

しかしながら全国で最も広い面積(東京都と同じ)を有する高山市である。

Img_1230

もちろん山あり谷ありで、過酷なコースが待っているのである。

この30日間で3回目の100kウルトラである。

Img_1229

過去の二回に比べて幾分体が軽いように感じられて、昨年のリベンジを是非果たしたい。

ともあれ、今夜は走友のKさんと3人で、この高山の料亭三岩でご馳走を戴いた。

実は三岩のご主人もランナーで、明日は71kを走るのである。

Img_1244

おまけに店の常連さんなどがチームMを結成して、皆さん(私達)を応援して下さるという。

そうなんだ、街ぐるみでこのウルトラレースを支えてくれているのである。

Img_1243

それに高山のエイドは、それぞれの場所で工夫を凝らしていて、それが楽しみでもある。

なんでかんで、明日は頑張ってみるべぇ〜。

|

« 好奇心のかけら | トップページ | 百花繚RUN »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山:

« 好奇心のかけら | トップページ | 百花繚RUN »