« 丹後へ | トップページ | 一夜が明けて »

2015年9月20日 (日)

TANGO 風になれ

午前4時30分、気温17度と涼しい風が吹いている。

真っ暗な中、丹後100kは合図とともに2450人のランナーが動き始めた。

Img_2719

先ずは久美浜方面に向けて九竜峠を越えていかなければならない。

Img_2722

この九竜峠は、日本海に突き出た丹後半島の海岸の崖を竜がノタウツ様に上下にくねっている。

Img_2725

早朝の真っ暗なうちは登り下りが分からないままに通り過ぎてしまうのだが、

久美浜を回って再度網野に帰る際は、これが大変な障害になるのである。

Img_2726

ともあれ海にはイカ船の漁火だろうか、断崖の下の波音を聞きながら走り進んでいく。

Img_2727

例年の丹後は暑いイメージだが今日は頗る爽やかである。

Img_2729

と言う訳でペースは幾分遅かったが、順調に距離をこなしていった。

Img_2733

制限時間の半分を7時間経過した7時間地点で、55k丁度であった。

Img_2734

5kの貯金では、後半の7時間で45kを走らねばならず、やや厳しいペースであった。

それに57k過ぎからは碇高原への長い長い登りが控えている。

Img_2735

その登りを出来る限りある数に走ることで時間を縮めようと、必死な思いで走っていた。

Img_2736

それで碇高原の門限を25分残して(昨年に比べ15分早く)通過することができた。

碇高原の下り7km余りを例年にないほど快調なスピードで走り、再後半への余裕を残すことができた。

Img_2737

Img_2742

昨年は、時間に追われて大変だったからね。

そんな調子でそれほど無理なく100kを熟したつもりだった。

Img_2739

最後の1km、もう薄暗くなり始めた古い町の路地には、両側に一杯の人垣ができている。

足元にはボンボリに帯の様に灯が入って、上には幾筋もの鯉幟が泳いでいる。Img_2746

そして「よく頑張った!!」「お帰り」の連呼が続く。

ふと見ると、ひとりのご婦人が涙を流しながら手を叩いている。Img_2745

ランナーの感情が移入されて、周りの様子から感極まったのだと察せられたられた。

その人が気の間を最後の気力を振り絞って走っていたのだが、突然私の顔が崩れた。Img_2740

まったくもって、涙もろい男なのである。

ともあれ13時間40分、私達の長い一日は終わったのである。

|

« 丹後へ | トップページ | 一夜が明けて »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

山草人さま、丹後100
完走おめでとうございます(^_^)/
13時間40分素晴らしいです。私はもう14時間切るなんって、夢の夢です。

もう、完全復活ですね~♡♡
お疲れ様でした、ゆっくり休養してね~〔無理かなあ~(笑)〕

投稿: よっぴー | 2015年9月21日 (月) 12時41分

よっぴーさん、応援ありがとう。気温の低さに助けられて、久しぶりに少し余裕のあるゴールを切ることができました。

 それでもやはり、100kは年々大変になりますね。加齢に抗してクリアーしていくためには、それなりに練習量を増やすしか方法は無いでしょうね。
 今後とも、楽しく鍛えて下さいね。
あっ、それから、遠山郷は如何でしたか?
              山草人

投稿: 山草人 | 2015年9月21日 (月) 18時47分

遠山郷はめちゃくちゃ楽しみましたよ~(^_^)/

浜名湖も暑くならないと良いですね~♪♪

投稿: よっぴー | 2015年9月21日 (月) 19時04分

山草人さん、完走おめでとうございます。
頑張ってますね。浜名湖宜しくお願いします。

投稿: 掛川ノブ | 2015年9月22日 (火) 07時56分

 ノブさん、そう言えば暫くお顔を拝見していませんね。この秋は、浜名湖をはじめあちこちに出掛けなきゃいけません。
 浜名湖は勿論のこと、あっちゃこっちゃでよろしくお願いしますね。
                山草人  

投稿: 山草人 | 2015年9月22日 (火) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TANGO 風になれ:

« 丹後へ | トップページ | 一夜が明けて »