« 我が身を知る心 | トップページ | 日常というもの »

2015年12月 9日 (水)

一人であること

かつて「一人じゃないって~、素敵な事ね〜♪」って、楽しい歌が流行ったことがある。

恋人と一緒にいたり、気の合った仲間と過ごすのは、それは楽しいに違いない。

Img_3786

私だってマラニックや走る会の楽しみの半分は、仲間に会えることだしね。

人は、とかく独りで居るのが不安でしょうがない。

だからラインの仲間になったり、グループを作ったりして、他の人を求めているんだ。

Img_3787

でもそれだって、「・・・なったら、友達100人できるかな♪♪」って簡単に仲間はできない。

それなのに、たった一日電話やメールが無かっただけで、もう寂しく孤独だって思う。

それで用事も無いのに電話・メールしてみたり、「お茶しよう」ってな事で時間を過ごす。

Img_3788

群れていれば「孤独」を意識しなくて済むから、その分安心していられるからだ。

だけど、元来人間は孤独なのが当たり前な存在だ。

もともと人は一人で生まれて来て、一人で死んで行くんだからね。

Img_3784

それに何時も群れていると、一人でゆっくり考えることを忘れてしまう。

そして自分を見つめることの無い人は、常に人に流されてその人生を送ることになる。

「人付き合いが良いんだけど、でも少し軽薄だね」って人になってしまう。

Img_3770

だからって、何も座禅をしなくったって良い。

何も考えない「空虚な時間」を持つ、つまり孤独に強くなることが大事だと思うんだ。

確かに私も毎日動き回ってい人にも会っているけど、結構一人で居る時間がある。

Img_3769

一人で走っている時、黙々と農作業している時、ブログを書いている時、本を読む時だ。

そんな時に無意識に自分と対話していて、少しずつ自分が分かるような気もする。

Img_3665

例えば、書くということはその中に自分を入れ込むことだし、考え直し軌道修正することでもある。

そうだなぁ、人は孤独になって自分と向き合うことで、少しずつ強くなれるような気がする。

Img_3664

とにかく一人の時間と言うものは、とっても大切なひと時なんだと思っている。

|

« 我が身を知る心 | トップページ | 日常というもの »

人生論」カテゴリの記事

コメント

早朝の山ランは独り孤独で、時に怖い時もあります。自然の中に身をまかせ気持ちを強く持ち走ります。自分は動物であり、野生の感覚になり頭の整理もでき、「隘路の打開策」も見つかります。さあ、明日も雨降る前に朝山ラン行ってきます~~~!(^^)!
    ひろぴーより

投稿: ひろぴー | 2015年12月 9日 (水) 22時35分

懐かしい歌声が・・聞こえてきました。「ヘェー 孤独・一人は寂しいですよね」だから仲間を求めてあちこちへ行き、声を掛けてちょっとでも安心したい自分をつくるのですよね! 仲間って言ってもらうことができれば・・「幸せ」を感じます。

投稿: gaku | 2015年12月10日 (木) 09時06分

ヒロピーさんの強さは、その朝ランにあるんですね。 一人っきりの山の中、その孤独な空間が少しずつ人を鍛えてくれるんだろうと思います。
 それにしても順調そうで何よりです。どうやら宮古島では13時間を切れそうですね。
 私も負けずに頑張らなくっちゃ・・・
                山草人

投稿: 山草人 | 2015年12月10日 (木) 17時23分

 gakuさんの孤独は、果たして寂しい孤独なんでしょうか? 
 人は誰もが孤独で、それが当たり前だと思います。だからって、無理に群れることは無い。だって、黙々とやってりゃ、仲間は自然にできるもの。
 特に走る仲間はすぐに気持ちが通じるし、皆それなりに努力している。わたしは、みなん好きだなぁ〜。
                山草人 

投稿: 山草人 | 2015年12月10日 (木) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人であること:

« 我が身を知る心 | トップページ | 日常というもの »